ネットワーク

法人向けインターネット契約のメリットとは?光回線の比較ポイントも解説

法人向けインターネット契約のメリットとは?光回線の比較ポイントも解説
働き方改革が推進され、テレワークを導入する企業が増え続けている現在、社内のインターネット環境を整える必要性も、日増しに高まっています。インターネット環境を整える手法として注目されているのが、法人向けインターネット契約です。

この記事では、法人向けインターネットと光回線について詳細に解説しています。法人向けインターネットの知識を深め、自社に最適な回線を選ぶ際の参考にしてください。

事例の課題やよくいただくご相談を基に、サービスの活用方法をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-963-350 9:30〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)

法人向けインターネットは光回線がおすすめ

インターネット回線で主に提供されているものは、有線タイプでは光回線とADSL、無線タイプは、ホームルーターやモバイルルーターなどです。この中で、法人向けインターネット契約におすすめできるのは光回線です。ここでは、光回線がおすすめできる理由を解説します。

ビジネスで求められる通信速度

快適にインターネット使うためには通信速度は大事なポイントです。通信速度が遅いとWebページの表示や画像の表示が遅くなり、動画の再生がスムーズではないため、従業員は、クラウドサービスやWeb会議を利用する際にストレスを感じるでしょう。

ビジネスシーンでの通信速度は、従業員がインターネットを快適に利用できる速度を確保する必要があります。大容量のデータのやり取りが行うために安定した通信速度の確保が必須条件です。この要件の満たすインターネット回線は、光回線のみとなるため、法人のインターネット契約は光回線が適しているのです。

光回線の特徴とは

光回線は、光ファイバーケーブルという光を通す繊維を用いたケーブルを利用して通信をする回線サービスで、電磁気ノイズの影響や基地局からの距離に影響されることなく、速くて安定した通信速度を出せることが特徴です。

光回線は、電気信号として送られたインターネット上の情報を、変換器によってレーザー光に変えます。レーザー光は光ファイバーを通り、再び電気信号へと変換されてパソコンなどに伝わる仕組みとなっています。

光回線は法人向けインターネットに適している

光回線なら、品質が安定していて、速い通信速度を保つことができるため、大容量の情報を扱う法人のインターネットに向いています。インターネットの環境が安定すると業務に支障が生じるリスクも軽減されます。

また、モバイル通信と比較し通信制限がないため、複数の従業員が同時使用しても速い通信速度を安定してキープできるため問題が生じません。従業員はインターネットの使用にストレスを感じることなく業務に集中できます。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

法人向けインターネットのメリット

法人向けインターネット契約には、個人のインターネット契約にないメリットがあります。法人向けインターネットの導入を検討する上でも、メリットを理解しておくことは大切です。ここでは、代表的な法人向けインターネット契約のリットについて解説します。

固定IPアドレスが使える

IPアドレスとは、契約したプロバイダから割り振られるインターネット上の住所のようなものです。IPアドレスは、世界にひとつしか存在しないようになっているため、同じIPアドレスはありません。

IPアドレスは、大きく分けて2種類あります。「動的(変動)IPアドレス」と「固定IPアドレス」です。法人向けインターネット契約の場合は、固定IPアドレスを使うことができるのがほとんどです。

動的IPアドレスの場合は、インターネットに接続するたびにIPアドレスが変わる仕組みですが、固定IPアドレスの場合は、何度接続してもプロバイダから同じIPアドレスが発行されます。これにより IP アドレスが変わると利用者がWebサイトにアクセスできないなどの弊害を防ぐことが可能です。

また、出張先や出先から自社ネットワークにアクセスできるため、テレワークやリモートワークにも適しています。

ネットワークセキュリティの確保

法人向けインターネットを契約で固定IPアドレスを使うことによって、拠点間通信や、従業員の自宅から自社ネットワークにVPNでの通信が利用できるようになるため、ネットワークセキュリティの確保が可能になります。

VPNとは、Virtual Private Networkの頭文字をとった略語で、仮想専用線がトンネルのような役割を果たすサービスのことです。インターネット上に仮想の専用線を設けることで、通信の内容を傍受されたり、改ざんされたりするリスクを大幅に軽減できます。

特に、個人情報を扱っている企業は、固定IPアドレスを活用してVPNでネットワークセキュリティを確保されることをおすすめします。

法人契約ならサポートが手厚い

法人向けのインターネット契約では、インターネット回線でトラブルが生じると大きな損失につながることもあるため、手厚いサポート体制が整備されています。問い合わせの窓口やコールセンターが、個人用と法人用に分かれている事業者もあれば、法人用に24時間年中無休で受付対応できる光回線事業者もありますので、サポート体制は必ずチェックしてください。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

光回線の比較ポイントと注意点

法人向けのインターネットを提供する光回線事業者やプロバイダは、数多くあります。自社に導入するためには、予算や環境にあった事業者と契約することが肝要です。ここでは、光回線の法人契約の比較ポイントや注意点を解説します。

自社は対応エリア内か?

法人向けのインターネット契約で光回線の導入を検討している場合は、自社の所在地が、光回線事業者の対応エリアであるかどうかを確認する必要があります。導入する光回線事業者の候補がいくつか決まったら、まずはサービスエリア内であるかを確認しましょう。利用可能な事業者をピックアップしてから詳細な検討に進むと、効率のよい事業者選定ができます。

対応エリアは、各事業者のWebサイト内の問い合わせをするか、対応エリア確認ページなどに郵便番号や住所を入力することで簡単に確認できます。

通信速度は快適か?

法人向けのインターネット契約では、業務を快適に進められる通信速度を選ぶことも重要です。一般的には 1Gbpsの通信速度が安定していれば、業務に支障が出ることはほとんどないと考えられています。多くの光回線事業者が提供している通信速度も1Gbpsが大勢を占めていますが、NUROアクセスのように最大10Gbps※の通信速度を実現しているサービスあります。
※「10Gbps」という通信速度はNURO Bizネットワークからお客様ご利用場所に設置する回線終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客様が使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。インターネットご利用時の実効速度は、お客様のご利用環境(端末機器の仕様等)や回線の混雑状況などにより、低下する場合があります。

同時接続台数は適切か?

法人向けのインターネット契約では、同時接続台数に対して適切な光回線事業者を選ぶ必要があります。同時接続台数とは、パソコンやスマートフォンなどの端末を同時にインターネットに接続できる台数のことです。比較的小さな事業所や少人数のオフィスであれば、数台程度の同時接続で十分かもしれませんが、大規模な事業所であれば、接続に上限がない光回線事業者を選ぶほうが無難です。

法人契約ができるか?

インターネット回線を利用するためには、光回線事業者とともにプロバイダの契約が必要です。光回線事業者は、プロバイダがセットになっている場合と、別途プロバイダとの契約が必要な場合があります。プロバイダによっては法人契約に対応していないケースがありますので、注意しましょう。光回線事業者が決まっても、プロバイダが法人契約に対応していなければ、選定をし直すことになります。

速度制限が設けられているか?

法人向けインターネット契約であっても、個人と同じように通信速度に制限がかかる可能性があります。極端に通信料の多いユーザーの通信速度を制限することで、多くのユーザーが平等インターネットを使えるようにするためです。しかし、大規模な事業所で通信速度に制限がかかると業務に支障をきたす恐れがあります。

速度制限を回避するためにも、検討段階で速度制限があるのか、速度制限の解除が可能であるかを確認する必要があります。そもそも速度制限がないプロバイダもありますので、サービス内容をよく確認し、従業員が快適に業務にあたれる法人インターネット契約を結ぶようにしましょう。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで
NUROアクセス スタンダード

クラウド時代のスタンダード 固定IP・SLA付き 帯域確保型インターネット回線

NUROアクセス プレミアム

信頼性の高いギャランティ型サービスをかつてない価格で

法人向け高速インターネット NUROアクセス

最大2Gbpsの高速通信 回線速度測定結果 上り平均851.8Mbps 下り平均811.2Mbps 帯域確保型回線 上り下り最低10Mbps確保

※関東1都6県、東海4県、関西2府3県、九州2県、北海道で2021年4月〜2021年6月末日に開通したNUROアクセス スタンダード/プレミアム回線のONU、LAN1ポートでの測定結果の平均値です。※速度は測定結果の平均値であり、回線の最大速度を示すものではありません。※測定結果は、PCの性能やネットワークの状況により変化します。

まとめ

法人向けインターネット契約では、通信速度の速い光回線が適しています。光回線事業者やプロバイダは、従業員が快適に業務できる事業者を選択しなければ作業効率が下がるため、速度や速度制限などの確認が必要です。

NUROブランドの法人向けインターネット接続サービスである『NURO アクセス』は、通信速度下り最大2Gbpsを実現する高速インターネット接続サービスです。またスタンダードプラン以上では10Mbps以上の帯域確保が標準スペックになっており、クラウド時代に適した法人向けのインターネット接続サービスです。
法人でのインターネット契約をお考えでしたら、ぜひご検討ください。

パンフレットをダウンロード

NUROアクセス パンフレット

「NUROアクセス パンフレット」のダウンロードをご希望のお客様は、
以下必要事項をご入力ください。

関連コラム

このコラムに関連する製品

このコラムに関連する
導入事例

このコラムに関連する
セミナー・イベント

このコラムに関連する
キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください!NUROアクセス紹介キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください! 対象サービスをご契約いただけた場合、ご紹介者様にソニーポイントをプレゼント!

詳しく見る

オフィス移転 & オフィス新設支援キャンペーン

「オフィス移転」または「オフィス新設」に伴うご導入をご検討中のお客様に向けて、基本工事費が50%OFFとなるお得なキャンペーンを実施中!

詳しく見る

法人向けインターネット契約のメリットとは?光回線の比較ポイントも解説

SHARE
シェアシェア ツイートツイート
法人向けインターネット契約のメリットとは?光回線の比較ポイントも解説
SHARE
ツイート シェア