ネットワーク

ネットワークの基礎知識|LANとWANの違いや仕組みとは?

ネットワークの基礎知識|LANとWANの違いや仕組みとは?
企業活動をするためには、メールや資料の送信、調査や開発などで、ネットワークの構築は不可欠でしょう。しかし、業務に適した回線を選ぶにはどのような点に着目すべきでしょうか。ここでは、企業の情報システム部門担当者に向け、知っておくべきネットワーク・回線の情報を紹介します。ぜひ参考にしてください。

事例の課題やよくいただくご相談を基に、サービスの活用方法をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-963-350 9:30〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)

ネットワークとは?

「ネットワーク」とは通信端末同士やサーバー間を接続する仕組みです。パソコンとプリンター間のケーブル接続、オンラインでパソコンと外部サイトをつなぐ仕組みなど、ネットワークは幅広い部分で使用されます。

オンラインのネットワークは、巨大なクモの巣のようにそれぞれの端末をつなぎ、世界中の交流や情報交換に役立ちます。ちなみに、ネットワークは「人々の交流」「交通網」という意味でも使用可能です。今回は、通信機器としてのネットワークについて解説します。

1.インターネット回線とは?

インターネット回線とは、ネットワーク同士をつなぐための回線を指します。企業にインターネット回線を導入するには回線事業者やプロバイダーとの契約が必要です。初期費用や月額使用料を支払うことで、インターネットに接続する環境を得られます。なお、インターネット回線の種類としては、光回線、ADSL、モバイル回線などが挙げられます。

光回線

光ファイバーでデータを送受信するインターネット回線のことを光回線と呼びます。光回線の強みは、大容量データの高速通信です。データのダウンロード、アップロードに時間がかかると業務に支障が出るかもしれません。その点、光回線ならば快適にインターネット環境を利用できるため、円滑に仕事を進められます。

実際に、2018年に行われた調査によると、全体の87.9%もの企業が光回線を利用していました。

ADSL

アナログの電話回線をネットワーク回線として活用する手法をADSLとよびます。ADSLには利用料金が安いというメリットがありますが、2021年現在、ADSLを採用している企業はほぼありません。

ADSLを使うと、通信拠点が収容局から離れるほど通信速度が遅れます。また、ADSL回線同士が干渉しあうと、ノイズが発生しがちです。したがって、企業活動のように日常的に大容量データをやり取りする状況には、ADSLは不向きといえます。

モバイル回線

モバイル回線とは、携帯電話の通信事業者が提供する電波を活用し、ネットワークにつなげる手法です。モバイル回線の強みは、通信する場所に縛られないことです。従業員の出張用にモバイル回線を導入している企業もあり、フレキシブルな活動に役立ちます。

ただ、光回線よりも通信速度は遅いため、通常社内で利用するネットワークは光回線がおもとなっています。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

ネットワークの種類

ネットワークは三種類にわけられます。LANとWAN、インターネットについて、ネットワークの範囲にふれつつ解説します。

1.LAN

LANとは、Local Area Networkの略で、狭い範囲内を結びつけるネットワークを指します。社内でのみ有効なネットワークもLANのなかの一つで、社内LANと呼びます。

LANは、ケーブルを介して接続する有線LANと、通信機器が発する電波で接続する無線LANにわけられます。社内LANは「パソコンのデータを複合機からプリントしたい」「社内の共有サーバーでファイル共有をする」などの目的で活用可能です。

2.WAN

WANとは、Wide Area Networkの略です。LANが狭い範囲に限られたネットワークであったのに対し、WANは複数のLANとLAN同士が結びついたネットワークです。

たとえば、全国に支店をもつ企業が、それぞれの社内LAN同士を広域イーサネットやVPNでつなげ、ひとつのWANを形成します。

3.インターネット

インターネットは世界中の人が利用可能なネットワークです。一方、LANやWANはネットワークを利用できるのは特定のメンバーに限られています。そのため、LANやWANが閉じたネットワークと呼ばれるのに対し、インターネットは開かれたネットワークともいわれています。LANやWANとも違い、独自の設定などもできません。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

ネットワークのおもな用途

利用する場所により、ネットワークの用途は異なります。まず、個人で多くみられる用途は、インターネットサーフィンやネットショッピング、メールやチャット、SNSなどです。また官公庁では、重要な情報収集や部門内外への連絡手段として活用されます。

企業では業務ツールとしてネットワークを活用しているケースが多くみられます。情報収集やマーケティング、営業、開発などさまざまな部門で、従業員がネットワークによりコミュニケーションを取りつつ仕事を進めています。

インターネット通信の仕組みとは?

インターネットはTCP/IPという通信規格を利用しています。TCP/IPとは通信プロトコルの一種であり、ネットワークを通じデータをやり取りする際の規約です。IP(Internet Protocol)に従って、データは目的のアドレスまで届けられます。また、TCP(Transmission Control Protocol)によりデータを受け取る際の順番が整えられます。

NUROアクセス スタンダード

クラウド時代のスタンダード 固定IP・SLA付き 帯域確保型インターネット回線

NUROアクセス プレミアム

信頼性の高いギャランティ型サービスをかつてない価格で

法人向け高速インターネット NUROアクセス

最大2Gbpsの高速通信 回線速度測定結果 上り平均851.8Mbps 下り平均811.2Mbps 帯域確保型回線 上り下り最低10Mbps確保

※関東1都6県、東海4県、関西2府3県、九州2県、北海道で2021年4月〜2021年6月末日に開通したNUROアクセス スタンダード/プレミアム回線のONU、LAN1ポートでの測定結果の平均値です。※速度は測定結果の平均値であり、回線の最大速度を示すものではありません。※測定結果は、PCの性能やネットワークの状況により変化します。

まとめ

ネットワークは、LAN、WAN、インターネットと3種類にわけられます。

法人向けインターネット接続サービス「NUROアクセス」は「下り最大2Gbps」「最低10Mbps帯域確保」のハイスペックとローコストを両立した、コストパフォーマンスに優れたインターネット接続サービスです。VPNを利用したWANのネットワーク、オフィスからのインターネット接続も快適にご利用いただけます。
サービス詳細については下記フォームより資料をダウンロードください。

パンフレットをダウンロード

NUROアクセスパンフレット

「NUROアクセスパンフレット」のダウンロードをご希望のお客様は、
以下必要事項をご入力ください。

関連コラム

このコラムに関連する製品

このコラムに関連する
導入事例

このコラムに関連する
セミナー・イベント

このコラムに関連する
キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください!NUROアクセス紹介キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください! 対象サービスをご契約いただけた場合、ご紹介者様にソニーポイントをプレゼント!

詳しく見る

オフィス移転 & オフィス新設支援キャンペーン

「オフィス移転」または「オフィス新設」に伴うご導入をご検討中のお客様に向けて、基本工事費が50%OFFとなるお得なキャンペーンを実施中!

詳しく見る

ESET PROTECT クラウド製品導入支援キャンペーン

Emotet(エモテット)やランサムウェアを始めとするサイバー攻撃など、セキュリティ脅威の高まりを解消するエンドポイントセキュリティサービス「ESETクラウド製品」を対象としたキャンペーンを実施中です。

詳しく見る

メールセキュリティ導入支援キャンペーン

クラウド型メールセキュリティ対策ソリューション「Active! gate SS」と「Active! vault SS」の2サービスを特別価格でご導入いただけるキャンペーンを実施中!

詳しく見る

ネットワークの基礎知識|LANとWANの違いや仕組みとは?

SHARE
シェアシェア ツイートツイート
ネットワークの基礎知識|LANとWANの違いや仕組みとは?
SHARE
ツイート シェア