ネットワーク クラウド アプリケーション その他

クラウドサービスを導入すると社内ネットワークが重くなる!? ~ネットワーク管理者が抱える課題と対策~

クラウドサービスを導入すると社内ネットワークが重くなる!? ~ネットワーク管理者が抱える課題と対策~
Office 365やG suite、Dropboxに代表されるクラウドサービスとは、サーバやソフトウェアをネットワーク経由で利用者に提供するサービスのことです。近年、企業におけるクラウドサービスの使用が拡大しています。クラウドサービスの使用増加によって「社内ネットワークが重くなった」と実感しているネットワーク管理者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ソニービズネットワークス株式会社は、企業のネットワーク管理者を対象に、クラウドサービス導入後の社内ネットワークの状況に関するアンケートを行いました。今回のコラムでは、アンケート結果の一部をご紹介するとともに、ネットワーク管理者が抱えている課題の解決方法を探ります。

事例の課題やよくいただくご相談を基に、サービスの活用方法をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-963-350 9:30〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)

クラウドサービスの使用状況と社内ネットワークの状況

1.クラウドサービスの導入でネットワークの状況は変化する!

社内でクラウドサービスを使っていると回答した企業は73.5%でした。クラウドサービスの普及が進んでいることがわかります。
導入後の社内ネットワークの状況について尋ねたところ、重くなったり、つながりにくくなったりしたという実感のある企業が68.6%にも上りました。クラウドサービスを導入したことで、社内ネットワークの状況が変化したといえます。

グラフ1

2.クラウドサービス導入の際には、ネットワークの増強・改善も視野に入れる

社内ネットワークが重くなると、業務に支障を来す可能性もあります。ネットワーク管理者としては重さを解消する対策を考えなくてはなりません。
アンケート結果では、クラウドサービスの導入後にネットワークの増強・改善を行った企業、または増強・改善を行う予定がある企業は67.0%でした。増強・改善を行わない企業の27.8%を大きく上回っています。新たにクラウドサービスの導入を検討する際には、合わせてネットワークの増強・改善も検討しておく必要があるといえるでしょう。

グラフ2

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

クラウドサービス導入後の対応と課題

1.ネットワークの増強・改善の手段は?

ネットワークの増強・改善を行った企業、または増強・改善を予定している企業は、どういった手段を選択しているのでしょうか。アンケート結果では「通信回線の増設」(61.0%)が最も多く、「通信回線・業者の変更」(58.5%)が続きました。

グラフ3

2.ネットワークの増強・改善を行っても重さが解消しない!?

では、実際にネットワークの増強・改善を行った企業は、社内ネットワークについてどのように感じているのでしょうか。増強・改善後の課題について聞くと、80.3%もの企業が何らかの課題を感じているという結果が出ました。
最も多かった回答は「ネットワークの重さが解消されなかった」(50.7%)でした。ネットワークの増強・改善を行っても、当初の問題点を解決できなかった企業が半数以上であることがわかりました。 「費用が増大した」(49.3%)という回答も多く、費用面での負担がネットワーク管理者を悩ませている実態も明らかになりました。

グラフ4

3.ネットワークの増強・改善を行わないのはなぜ?

一方で、ネットワークの増強・改善を検討したけれども、実際には行わなかったという企業もあります。理由を聞くと、「費用がいくらかかるかわからないから」(42.9%)、「費用が高いから」(40.0%)という回答が多く挙げられました。
このことから、ネットワークの増強・改善を検討する上でのボトルネックになっているのは、費用面に関する不安であると推察されます。

グラフ5

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで
NUROアクセス スタンダード

クラウド時代のスタンダード 固定IP・SLA付き 帯域確保型インターネット回線

NUROアクセス プレミアム

信頼性の高いギャランティ型サービスをかつてない価格で

法人向け高速インターネット NUROアクセス

最大2Gbpsの高速通信 回線速度測定結果 上り平均851.8Mbps 下り平均811.2Mbps 帯域確保型回線 上り下り最低10Mbps確保

※関東1都6県、東海4県、関西2府3県、九州2県、北海道で2021年4月〜2021年6月末日に開通したNUROアクセス スタンダード/プレミアム回線のONU、LAN1ポートでの測定結果の平均値です。※速度は測定結果の平均値であり、回線の最大速度を示すものではありません。※測定結果は、PCの性能やネットワークの状況により変化します。

まとめ

さまざまなメリットのあるクラウドサービスですが、導入によって社内ネットワークが重くなったという課題を抱えている企業も多いことが、アンケートを通してわかりました。
今後は、さらにクラウドサービスの使用が増加していくと予想されます。現在は社内ネットワークの重さを感じていないとしても、近い将来にそういった状況になる可能性は十分にあります。ネットワークが重くなった場合、業務を円滑に遂行するためにはネットワークの増強・改善を行う必要があります。ネットワークの増強・改善の手段として求められるのは、「低コスト、明確な料金体系で社内ネットワークの重さを確実に解消できるサービス」だといえるでしょう。

詳しいアンケート結果について、以下の資料で詳しくご案内しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

パンフレットをダウンロード

クラウドサービス導入後の企業のネットワークに関する課題調査結果

「クラウドサービス導入後の企業のネットワークに関する課題調査結果」のダウンロードをご希望のお客様は、
以下必要事項をご入力ください。

関連コラム

このコラムに関連する製品

このコラムに関連する
導入事例

このコラムに関連する
セミナー・イベント

クラウドサービスを導入すると社内ネットワークが重くなる!? ~ネットワーク管理者が抱える課題と対策~

SHARE
シェアシェア ツイートツイート
クラウドサービスを導入すると社内ネットワークが重くなる!? ~ネットワーク管理者が抱える課題と対策~
SHARE
ツイート シェア