NUROアクセス インターネット接続サービス

PPPoEが遅い理由を解説!IPoEとの違いとは? 〜光ファイバーでユーザーをつなぐ 実行速度が上がらない理由と対策〜

PPPoEが遅い理由を解説!IPoEとの違いとは? 〜光ファイバーでユーザーをつなぐ 実行速度が上がらない理由と対策〜

事例の課題やよくいただくご相談を基に、サービスの活用方法をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-963-350 9:30〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)

光ファイバーインフラの仕組み

1.ユーザーからOLTまでのFTTHの仕組み

初めに、光ファイバーインフラの仕組みについて簡単にご説明します。光ケーブルは、ユーザーの自宅にあるONUから電柱間の架空ケーブルにつながっています。架空ケーブルはクロージャーで束ねられ、NTTの収容局内に入り、IDMという光配線盤につながります。その後、光ファイバーはIDMからOLTにたどりつきます。では、この光ファイバーをどのようにして共用しているのでしょうか?

2.光ファイバーを共有するための技術PONとは

光ファイバーを共有するための仕組みは、上りと下りで異なります。上りでは、OLTの指示による時分割多重によってフレームの衝突を防いでいます。下りでは、スプリッターで分岐した同じ信号が全ONUに届き、それぞれのONUが自分宛のデータのみを取り出して、ユーザーに届けています。
こうした通信を実現しているのがPONです。PONには様々な規格があり、技術革新によって新たな規格も生まれています。

3.アクセス網の仕組み

前項で見てきたように、ユーザー宅から延びている光ファイバーはOLTにつながり、その先はNGNアクセス網(NTT東日本・NTT西日本が構築・運用するIPネットワーク)へと入っていきます。NGNは収容ルーター、各県中継ルーター、集約中継ルーターという3階層のルーターで構成されます。近年、NGNのトラフィックは急増しており、これに対応するため、回線の増強が行われています。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

PPPoEとは?

1.NGNと外部をつなぐ方式の一つであるPPPoE

次に、NGNと外部のISPのネットワークをつなぐ方式の一つであるPPPoEについて解説していきます。PPPoEとは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略であり、イーサネット上でPPPというプロトコルを伝送する接続方式です。従来用いられてきた通信方式で、ユーザーとISP(プロバイダ)の間の通信で多く使われています。

2.PPPoEが遅い理由

PPPoE方式では、ユーザー宅から外部のISPネットワークにつなぐ際、NTE(Network Termination Equipmentと呼ばれる網終端装置を通過する必要があります。昨今、トラフィックが急増していることにより、このNTEがボトルネックとなり、ユーザーのインターネット速度が低下してしまうことがあります。
ユーザーによっては、「特に夜間、インターネットが遅い」と感じるケースもあることでしょう。こうした場合、インターネットの利用が混雑する時間帯にPPPoE方式の通信においてNTEの処理が追いつかず、インターネット速度が落ちている可能性があります。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

IPoEとは?メリット、デメリットは?

1.従来と異なる接続法である、IPoE

PPPoE接続とは異なる、新しい接続方式の一つにIPoEがあります。IPoEは、IP over Ethernetの略であり、GWR(GateWay Router)を利用することで、スムーズな通信を可能にしています。

2.IPoEのメリットはインターネット速度の速さにある

IPoE方式(IPv4 over IPv6を併用)のメリットとしては、ボトルネックが生じにくく、PPPoEよりもインターネットの実効速度が速いという点が挙げられます。また、IPoE方式では、PPPoE方式のようにユーザー側でルーターやアダプターなどの通信機器を設置する必要がありません。
一方で、IPoEには次のようなデメリットもあります。PPPoE方式がIPv4とIPv6の両方に対応しているのに対し、IPoE方式はIPv6のみに対応しています。現在、IPv6に対応していないサイトやWebサービスも多くあるため、IPoE方式で通信を行う際にはIPv4 over IPv6の技術が必要となります。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

IPoEでネット速度が改善する可能性がある

これまでご説明してきたように、PPPoE方式でインターネット速度が遅いと感じる場合、IPoEへの変更が効果的な場合があります。ソニービズネットワークスがご提供するNUROアクセスは、IPoE方式を採用しています。さらにユーザー宅からインターネットまでのネットワークを1社で管理しているためより高品質な通信を可能にしており、「インターネット速度が遅い」「インターネットの通信速度が遅く、業務が滞っている」といった課題を解決できます。

今回ご紹介した光ファイバーインフラの仕組みや、PPPoEやIPoEについて詳しく解説した資料をご用意いたしました。ぜひダウンロードしてご覧ください。

PPPoE接続が遅いのはなぜ?IPoEとの違いについても詳しく解説!
日経NETWORK 2018年12月号掲載の「光ファイバーでユーザーをつなぐ 実効速度が上がらない理由と対策」を今すぐダウンロード!

NUROアクセス スタンダード

クラウド時代のスタンダード 固定IP・SLA付き 帯域確保型インターネット回線

NUROアクセス プレミアム

信頼性の高いギャランティ型サービスをかつてない価格で

法人向け高速インターネット NUROアクセス

最大2Gbpsの高速通信 回線速度測定結果 上り平均851.8Mbps 下り平均811.2Mbps 帯域確保型回線 上り下り最低10Mbps確保

※関東1都6県、東海4県、関西2府3県、九州2県、北海道で2021年4月〜2021年6月末日に開通したNUROアクセス スタンダード/プレミアム回線のONU、LAN1ポートでの測定結果の平均値です。※速度は測定結果の平均値であり、回線の最大速度を示すものではありません。※測定結果は、PCの性能やネットワークの状況により変化します。

パンフレットをダウンロード

日経NETWORK 2018年12月号掲載|光ファイバーでユーザーをつなぐ 実効速度が上がらない理由と対策

「日経NETWORK 2018年12月号掲載|光ファイバーでユーザーをつなぐ 実効速度が上がらない理由と対策」のダウンロードをご希望のお客様は、
以下必要事項をご入力ください。

関連コラム

このコラムに関連する製品

このコラムに関連する
導入事例

このコラムに関連する
セミナー・イベント

このコラムに関連する
キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください!NUROアクセス紹介キャンペーン

お知り合いの他社ご担当者様をご紹介ください! 対象サービスをご契約いただけた場合、ご紹介者様にソニーポイントをプレゼント!

詳しく見る

オフィス移転 & オフィス新設支援キャンペーン

「オフィス移転」または「オフィス新設」に伴うご導入をご検討中のお客様に向けて、基本工事費が50%OFFとなるお得なキャンペーンを実施中!

詳しく見る

PPPoEが遅い理由を解説!IPoEとの違いとは? 〜光ファイバーでユーザーをつなぐ 実行速度が上がらない理由と対策〜

SHARE
シェアシェア ツイートツイート
PPPoEが遅い理由を解説!IPoEとの違いとは? 〜光ファイバーでユーザーをつなぐ 実行速度が上がらない理由と対策〜
SHARE
ツイート シェア