AI

製造業での効率化とは?3つの効果や具体的な方法をステップ方式で解説

製造業の作業を効率化したい人に向けて、具体的な方法や取り組む必要性などを解説しています。製造現場で生産効率が高まれば、利益の増大や顧客満足度の向上が期待できます。人手不足やグローバル化に対抗するため、できることから始めてみませんか。

事例の課題やよくいただくご相談を基に、サービスの活用方法をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-963-350 9:30〜18:00
(土日祝、年末年始を除く)

「製造現場での作業を効率化したい」
「製造業で効率化する方法はない?」
このようなお悩みはありませんか?

製造現場での効率化は、企業の利益に直結します。労働人口の減少やグローバル化が進むなか、生産効率の向上は製造業が抱える大きなテーマのひとつです。

しかし、生産効率を上げる具体的な方法がイメージしにくい人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • 製造業に生産効率の向上が必要な2つの理由
  • 製造業が生産性を向上させることで得られる3つの効果
  • 生産効率を向上させた製造業の事例

を紹介します。

記事の後半では、「製造業の生産効率を上げる方法」をステップ方式で解説しますので、ぜひ参考にしてください。

なお、製造業での効率化には「ITツール」の導入がおすすめです。たとえばAIを活用した予測分析ができる「Prediction One」では、在庫最適化や仕入最適化の実現が可能です。

「Prediction One」がよくわかる資料は、以下からダウンロードのうえご確認ください!

\専門知識がなくても高度な予測分析が実行できる!/

Prediction Oneの資料を見る

製造業における生産効率とは

製造現場で作業をしていると、「生産性」や「業務効率化」という言葉を耳にすることがあると思います。

製造業で生産効率を高めるには、「生産性」と「業務効率化」の定義を正しく理解することが大切です。

表はスライドできます

製造業における生産効率とは
生産性 投入したリソースに対し、どれだけの成果物が産出できたかを表す割合
業務効率化 業務を進めるうえでの「ムリ」「ムダ」「ムラ」を削減し、生産性を高める取り組み

生産性とは、「投入したリソースに対し、どれだけの成果物が産出できたかを表す割合」です。

たとえば、工場スタッフ1人が1時間あたりにこなせる作業量が増えた場合、生産性が向上したことを意味します。

業務効率化とは「業務を進めるうえでの『ムリ』『ムダ』『ムラ』を削減し、生産性を高める取り組み」です。

すなわち、業務効率化を実現することは生産性を高めることにもつながります。

業務効率化ができれば、今までかけていたコストも削減できるので、新たな人材の獲得や設備投資など事業の発展や継続にも期待できるでしょう。

続いて、製造業に生産効率の向上が必要な理由を紹介します。

製造業に生産効率の向上が必要な2つの理由

製造業に生産効率の向上が必要な理由は、以下の2つです。

  1. 生産年齢人口が減少している
  2. 国内や海外の企業に対抗しなければならない

それぞれ詳しく解説します。

【理由1】生産年齢人口が減少している

国内の生産年齢人口(15-64歳)は減少し続けており、内閣府は2065年の予測を約4,500万人と発表しました。これは2020年と比較して、約2,900万人も減少する見通しです。

内閣府「人口減少と少子高齢化」

引用:内閣府「人口減少と少子高齢化

とりわけ製造業は、以前から人手不足が叫ばれてきました。

人材不足で製造現場の工程に負荷がかかると、結果的に離職者が増えて悪循環に陥ってしまいます。

生産年齢人口の減少が予測されるなか、製造現場にはより一層の効率化が求められています。

【理由2】国内や海外の企業に対抗しなければならない

将来にわたって業界で生き残り続けるためには国内のライバル企業に対抗しなければなりません。

加えて現代ではグローバル化が進んでおり、国内企業だけではなくグローバル競争にも打ち勝つ必要があります。

ただし、大きな改善を行うには設備投資や社内での検討も必要になるため、ハードルが高く時間もかかってしまいがちです。

一方で、小さな改善であれば、工夫次第で会社の規模を問わずすぐにでも実施できます。

まずは即効性のある小さな改善を繰り返し、ゆくゆくは国内外のあらゆる企業に対抗できるように取り組んでいきましょう。

製造業が生産性を向上させることで得られる3つの効果

製造業が生産性を向上させることで得られる効果は、以下の3つです。

  1. 生産量がアップし、利益の増大につながる
  2. 品質が安定し、顧客満足度の向上が期待できる
  3. コスト削減につながり、新たな投資がしやすくなる

コストを削減して新たな投資ができるフェーズに入れば、企業のさらなる成長につながります。

なお、生産効率を上げる具体的な方法は「製造業の生産効率を上げる方法をステップ方式で解説」で紹介します。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【効果1】生産量がアップし、利益の増大につながる

生産性とは「投入したリソースに対し、どれだけの成果物が産出できたかを表す割合」です。

同じ人件費で生産性が高まれば、その分だけ利益の増大につながります。

増えた利益を従業員の賃金上昇に回せば、「離職率の低下」や「モチベーションアップ」につなげる施策としても効果的です。

【効果2】品質が安定し、顧客満足度の向上が期待できる

生産性が向上することで、それまでよりも少ない時間で同じ作業量をこなすことが可能です。

空いた時間で製品の研究・開発に取り組んだり若手社員にノウハウを伝えたりすることで、さらなる品質の安定が見込めます。

特に製造業では「後継者不足」を課題に挙げる企業が多く、ベテラン社員から若手社員への技術継承が欠かせません。

未来の担い手を育成し、将来にわたって高い製品クオリティを維持できる体制の構築が急がれています。

安定した品質の製品を提供し続けて、顧客満足度の向上につなげましょう。

【効果3】コスト削減につながり、新たな投資がしやすくなる

企業が収益を確保するうえで、人件費の削減は大きなポイントのひとつです。

生産性を向上させることで、時間的コストだけではなく人的コスト(人件費)の削減ももたらします。

浮いた人件費は、「AIを活用した業務効率化ツール」や「産業用ロボット」の導入などに費やすことも可能です。

新たな設備投資が結果的にさらなる生産性向上をもたらし、収益を拡大させることにもつながります。

ここまでの情報を、一度まとめます。

【製造業が生産性を向上させることで得られる3つの効果】

  1. 生産量がアップし、利益の増大につながる
  2. 品質が安定し、顧客満足度の向上が期待できる
  3. コスト削減につながり、新たな投資がしやすくなる

生産性の向上で得られる効果がわかっても、何から始めればよいのかイメージしにくい人もいるのではないでしょうか。

続いて、生産効率を上げる具体的な方法を見ていきましょう。

製造業の生産効率を上げる方法をステップ方式で解説

ここからは、製造業の生産効率を上げる方法をステップ方式で解説します。

  1. 業務プロセスの改善を図る
  2. ムダ・ムリ・ムラを削減する
  3. 業務・データを見える化する
  4. 予測分析ツールなどの業務効率化ツールを導入する
  5. 設備レイアウトを最適化させる

いきなり全てを実践するのは難しいですが、できることからひとつずつステップを踏んでいくことが大切です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

【ステップ1】業務プロセスの改善を図る

製造業の生産効率を上げる最初のステップは、業務プロセスの改善を図ることです。

製造現場では、業務プロセスの見直しが進まずに昔からの慣習で非効率な生産体制になっていることがしばしば見受けられます。

また、よくあるのが「一部の工程に負荷が集中しているケース」です。このケースでは担当者にかかる負担が増大し、離職率の上昇や生産性の低下を招く要因になってしまいます。

生産効率を上げるために、各製造ラインの稼働状況や課題を把握して取り組むべき対策を明確にすることが大切です。

【ステップ2】ムダ・ムリ・ムラを削減する

ステップ2は、生産効率を上げるうえでボトルネックになっている「ムダ」「ムリ」「ムラ」を削除することです。

たとえば、製造現場で発生しがちなムダ・ムリ・ムラとして、以下が挙げられます。

  • 最適な人材配置ができておらず、不必要に時間がかかっている
  • ムダな待機時間が発生している
  • 作業員によって進捗にムラが生じている
  • 老朽化で使えない備品や同じ資材が置かれている

どこかの工程で遅れが生じると作業全体の遅れにつながりますので、作業員の動作を分析してボトルネック工程を洗い出すことが大切です。

また、製造業でのムダ・ムリ・ムラをなくすための対策として、産業用ロボットの導入も効果的です。

【ステップ3】業務・データを見える化する

製造業の生産効率を高めるには、業務の見える化が重要です。一連の流れを可視化することで、カットすべき作業内容を見つけやすくなります。

また、ベテラン作業員は長年の経験・知識から得た「勘やコツ」を持っていますが、こうした勘やコツは次の世代に継承されないケースも少なくありません。

これらの「暗黙知」をデータ化することで、作業内容の効率化が期待できます。最近ではAIによって「暗黙知」を「形式知化する」といった取り組みも増えてきています。
業務・データの見える化は、日常で発生しているムダ・ムリ・ムラを把握する意味でも効果的です。

【ステップ4】予測分析ツールなどの業務効率化ツールを導入する

4つ目のステップは、予測分析ツールなどの業務効率化ツールを導入することです。

製造業では、見込み生産によって在庫不足や過剰生産に陥るケースも少なくありません。現代では、世界各地で産業のIT化が進み「在庫最適化」や「仕入最適化」を実現しています。
またAIの製造業への適用範囲は広く、品質予測や生産工程での歩留まり向上、設備の故障予測、データ分類など様々な分野で活用されています。

たとえば、ソニービズネットワークスの「Prediction One」は、用意されたデータをもとに数クリックで高度な予測分析ができるITツールです。

AIを活用した予測分析を、機械学習やプログラミングの知識がなくても簡単に使用できます。

簡単に本格的な予測分析ができる「Prediction One」の導入を検討している人は、以下のボタンをクリックのうえ無料のダウンロード資料をご活用ください!

\専門知識がなくても高度な予測分析が実行できる!/

Prediction Oneの資料を見る

▲14日間の無料お試し版あり

【ステップ5】設備レイアウトを最適化させる

製造現場の生産性を高めるために、設備レイアウトの最適化は欠かせません。

なぜなら、適切な生産ラインが設計できないと作業員や製品の「移動ロス」「運搬ロス」が発生してしまうからです。

たとえば、導線が長い場合には時間的なロスの原因になり、導線が狭い場合には接触事故の原因になるおそれがあります。

設備レイアウトの最適化は、製造現場のミス削減や商品の破損防止にもつながります。

生産効率を向上させた製造業の事例を紹介

とある製造メーカーでは、「PSI(生産・販売計画・在庫)の精度向上」や「予測の自動化」を目的に、AIサービスの導入を検討していました。

しかし、社内にプログラミングの知識があるメンバーがおらず、大手クラウド事業者が提供するAIサービスの活用に踏み出せずにいました。

そこで導入したのが、専門知識がなくてもAIの予測分析を活用できる法人向け予測分析ツールです。

ツール導入後は、自社で保有する販売実績に気象情報などの複数データを加えた予測が、わずか1〜2分ほどでおこなえるようになりました。

さらに、自社ECサイトや店頭での販売を含めた需要予測にも活用しています。

まとめ

今回は、製造業での効率化にまつわる内容を解説しました。ここで、本記事の内容をまとめます。

  • 生産年齢人口の減少やグローバル化が進むなか、製造現場にはより一層の効率化が求められている
  • 生産効率が高まれば、利益の増大や顧客満足度の向上が期待できる
  • 業務効率化ツールを有効に活用することで、生産効率の向上につながる

製造現場では、ひとつの工程で遅れが生じると作業全体の遅れにつながります。ボトルネック工程を洗い出し、「ムダ」「ムリ」「ムラ」を削除することが大切です。

今回お伝えした生産効率を上げる5ステップを参考にして、自社での取り組みに活かしてください。

なお、製造業の効率化にはITツールの活用も有効です。導入時は費用が発生するものの、長期的に見ると事業拡大やコスト削減を期待できます。

ソニービズネットワークスでは、簡単に本格的な予測分析ができるソフトウェア「Prediction One」を提供しています。

本ツールは、機械学習を用いることで、精度の高い売上予測や品質予測、データ分類などが可能です。

専門家ではなくても直感的に操作でき、予測理由を算出するため、どのデータが結果に影響を与えたのかを理解できます。

また、デスクトップ版とクラウド版それぞれの用意があるので、セキュリティ面や使い勝手など自社に最も適した環境を選ぶことができます。

Prediction Oneを活用して製造業での「在庫最適化」や「仕入最適化」を実現したい人は、以下のボタンから資料をダウンロードのうえご活用ください!

パンフレットをダウンロード

Prediction One製品資料

「Prediction One製品資料」のダウンロードをご希望のお客様は、
以下必要事項をご入力ください。

関連コラム

このコラムに関連する製品

このコラムに関連する
導入事例

製造業での効率化とは?3つの効果や具体的な方法をステップ方式で解説

SHARE
シェアシェア ポストポスト
製造業での効率化とは?3つの効果や具体的な方法をステップ方式で解説
SHARE
ポスト シェア