AWSセキュリティ強化支援サービス

AWSのセキュリティが不安な方へ

運用負荷をおさえた効果的な対策強化を支援します

 

AWSパートナーバッジ セキュリティコンピテンシー

AWSのセキュリティ強化をもっと手軽に

AWS利用にあたって課題のひとつとなるセキュリティ。利用者が責任をもって対策すべき分野もあり、きちんと対策できているのか不安を抱える企業も多いのではないでしょうか?
マネージドクラウド with AWSではコストを抑えて手軽にセキュリティ対策を実現できる「6つのシンプルパッケージ」を提供。さらに、ニーズにあわせた「セキュリティ・インテグレーション」、手間をかけずにセキュリティを維持管理・運用できるツール「クラウドポータル」の標準提供などにより、セキュリティ強化をトータルに支援します。

AWSでは、OS・アプリケーションのセキュリティは利用者の責任

AWSの「責任共有モデル」とは

AWSでは、セキュリティに関して「責任共有モデル」を採用しています。これはAWS側と利用者側で、セキュリティの責任を分担するという考え方です。データセンターやハードウェアといったクラウド基盤のセキュリティについてはAWSが責任を持つ一方、そのうえで稼働するOSやアプリケーションのセキュリティは利用者自身が責任を持って対策しなければなりません。

AWSと利用者の責任範囲
利用者はクラウド内のセキュリティに対する責任(利用者のデータ・プラットフォーム、アプリケーション、IDとアクセス管理、オペレーティングシステム、ネットワーク、ファイアウォール構成・クライアント側のデータ暗号化とデータ整合性認証・サーバ側の暗号化(ファイルシステムやデータ)・ネットワークトラフィック保護)、AWSはクラウドのセキュリティに対する責任(ソフトウェア:コンピュート、ストレージ、データベース、ネットワーキング・ハードウェア/AWSグローバルインフラストラクチャ―:リージョン、アベイラビリティゾーン、エッジロケーション)

クラウド基盤はAWSがセキュリティ対策を徹底

AWSが責任を持つ範囲については、データセンターの物理的な対策や、厳格な認証、ネットワークへの攻撃対策などを徹底し、強固なセキュリティを担保。PCI DSS レベル1やISO 27001、SOC 1/SOC2/SOC3などの第三者認証も数多く取得しています。
AWSクラウドのセキュリティ対策
物理セキュリティ、ネットワークセキュリティ、論理セキュリティ、データセキュリティ

利用者には認証やパッチ適用、脆弱性対策などが幅広く求められる

利用するAWSサービスによって若干異なりますが、認証・ユーザ管理、OSなどへのセキュリティパッチ適用、稼働するアプリケーションへの脆弱性対策などは利用者自身で対策する必要があります。また、当然ですが、自社のAWS環境におけるAWSリソースの設定や、アプリケーションの稼働状況も、利用者が管理しなければなりません。
AWSでは認証から脅威検知、脆弱性対策までセキュリティ関連のサービスが多数提供されており、これらを適切に組み合わせることで、利用者が担当する領域のセキュリティ対策を実現できます。しかし、これらは一度設定して終わりではなく、常に最適な状態を維持する必要があり、大きな負担になります

AWSが提供するセキュリティ関連サービス
認証、データ保護、サイバー攻撃対策、監視・監査においてさまざまなサービスを提供

サポート<1> 6つのシンプルパッケージ ~短期間・リーズナブル・手軽にセキュリティ強化を実現

マネージドクラウド with AWSでは、AWS環境のセキュリティ強化を実現する6つのパッケージを提供。よくあるニーズごとにAWSサービスを組み合わせて実装することで、短期間導入を実現します。企業ごとのポリシーや事情にあわせた柔軟な設定が可能で、リーズナブルかつ手軽にセキュリティを強化できます。また、運用の自動化、継続的な監査・監視から異常発生時の通知までを自動化することで、運用負荷軽減にもつながります。

パッチ適用を自動化<ソフトウェア保全管理パッケージ>

【課題】OS(Windows)のパッチ適用を自動化したい、違反アプリ利用をチェックしたい

【解決】AWS Systems Managerを活用し、EC2インスタンスで稼働するWindowsのセキュリティパッチを自動で適用。パッチのレベルやカテゴリを絞って適用することも可能です。あわせて、事前に指定した違反アプリケーションのインストールも検知でき、EC2インスタンスを適切な状態に維持します。

【料金】初期費用:200,000円

物理セキュリティ、ネットワークセキュリティ、論理セキュリティ、データセキュリティ

脆弱性検査を定期実行<脆弱性対策パッケージ>

【課題】OSなどの脆弱性対策を強化したい

【解決】Amazon Inspectorによる脆弱性スキャンを定期的に実行し、重大な脆弱性が含まれていた場合は管理者に通知。検知内容および推奨される対策が記載されたPDFをメール送付し、迅速な対策をサポートします。さらに、内容によっては、自動でOSのパッチ適用を実行することも可能です。

【料金】初期費用:200,000円

利用するAWSサービス:脆弱性診断「Amazon Inspector」

IAMリソースの権限などを監視<IAMリソース保全管理パッケージ>

【課題】IAMユーザを管理しきれない

【解決】「IAMリソースに強い管理者権限が付与されていないか」「アクセスキーを定期的に変更しているか」など、AWSが定めたベストプラクティスに則ってIAMリソースの状態を監視し、違反を検知した場合、管理者に通知。個別のセキュリティポリシーにあわせた監視も可能です。

【料金】初期費用:100,000円

利用するAWSサービス:ユーザ管理「AWS IAM」、IAMリソース監視「AWS Config」

各種セキュリティ設定を定期的に監視<AWSリソース管理パッケージ>

【課題】AWSリソースの各種設定をチェックしきれない/リスクの高い設定を早期に検知したい

【解決】AWS Configを活用し、Amazon EC2やAmazon S3、セキュリティグループ、AWS CloudTrailなどの設定を監視。意図しない設定がおこなわれた場合は、管理者に通知することで、適切な対処をサポートします。

【料金】初期費用:100,000円

利用するAWSサービス:リソース監視「AWS Config」

AWS操作ログの改ざん防止<AWSガバナンス強化パッケージ>

【課題】AWS操作ログの改ざんを防止したい/ガバナンスを強化したい

【解決】AWS CloudTrailで取得したログ(AWSでのすべての操作ログ)を、異なるAWSアカウントに保存。ログの削除・改ざんを防ぎ、ガバナンス強化をサポートします。

【料金】初期費用:50,000円

利用するAWSサービス:AWS操作ログ「AWS CloudTrail」

AWS上で脅威検知(IDS)を導入したい<アカウント侵害検知パッケージ>

【課題】サイバー攻撃対策を強化したい/Amazon GuardDutyで検出した脅威を見逃さないようにしたい

【解決】AWS上のログを分析し、脅威を検出するAmazon GuardDutyを有効化し、検出された脅威・警告を管理者に通知します。重要度の高いもののみ通知するなど柔軟な設定が可能で、脅威を見逃すリスクを最小限に抑えます。

【料金】初期費用:100,000円

利用するAWSサービス:脅威検知「Amazon GuardDuty」

サポート<2> セキュリティ・インテグレーション ~ニーズにあわせた個別設計

テレワークへの対応や、自社のセキュリティポリシーに沿った対策など、企業ごとのニーズにあわせたセキュリティ・インテグレーションをおこないます。VDI環境構築(Amazon WorkSpaces環境構築)や多要素認証、ログ監視など各種サービスも提供可能。セキュリティ設計から環境構築・サービス間の連携までトータルにサポートします。

セキュリティ構成例

サポート<3> AWS運用管理ツール「クラウドポータル」 ~セキュリティ運用も効率化

マネージドクラウド with AWSで標準提供する運用管理ツール「クラウドポータル」を活用することで、セキュリティ対策も効率化できます。認証管理やログ監査などの機能を提供し、日々のセキュリティ運用を容易に。便利な機能をピックアップして紹介します。

AWS Trusted Advisor

自社のAWS環境が、AWSのベストプラクティスに則った設定になっているか、「セキュリティ」など5つの観点でチェックする「AWS Trusted Advisor」に対応。簡単にチェック結果を確認できるほか、項目によってその場で最適な設定ができるようにサポートする機能も提供します。

期限付きIAMユーザ申請

一時的な作業などに利用するIAMユーザ発行の申請・承認に対応。指定した期限を過ぎたタイミングで、自動で削除するため、IAMユーザの削除し忘れを防ぎます。さらに、発行したIAMユーザを監視し、特定の操作を行った際に通知することも可能。不正操作を見逃しません。

異常操作アラート

AWS CloudTrailの操作ログを監視、過去のログを機械学習することで、異常なアクティビティを検知するAWS CloudTrail Insightsに対応。簡単な操作で有効化でき、サイバー攻撃や外部からの不正利用などが疑われる異常な操作を検知した際に管理者に通知します。

クラウドポータルによる、「よくある課題」の解決策を紹介

AWSの運用、こんなことで悩んでいませんか?
●うちのAWS環境、結局今、どうなってるんだっけ?
●自動化するのも大変なんだよ…
●アカウント管理や監視もちゃんとするんだぞー

信頼の証 「AWS セキュリティ コンピテンシー」 認定取得

AWSにおけるセキュリティに関する高い技術と実績を備えていることを証明する「AWS セキュリティコンピテンシー」の認定を取得しています。これは、2022年6月時点で国内3社目となります。

「AWSコンピテンシープログラム」とは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の技術的な専門知識と、カスタマーサクセスの実績を証明する、AWSパートナーネットワーク(APN)向けの技術認定プログラムです。中でも、「AWS セキュリティコンピテンシー」は、APNパートナーがセキュリティに関する高い技術と実績を備えていることを証明するものとなっています。
そしてこのたび、独自開発の運用支援ツールの実績に加え、幅広いセキュリティ強化支援サービスと高い技術力が評価され、「AWS セキュリティコンピテンシー」の認定を取得することができました。

セキュリティ強化支援に関するさまざまな取り組み

導入事例

DSP五協フード&ケミカル株式会社さま

AWS環境構築からネットワーク、セキュリティまで将来を見据えた「全体最適」の提案が決め手

DSP五協フード&ケミカル株式会社さまのロゴ

株式会社コスモ計器さま

基幹システム移行などAWS活用の拡大とあわせて、セキュリティ対策強化を目指す

株式会社コスモ計器さまのロゴ

郵船商事株式会社さま

AWSへの段階移行を進め、オンプレミス全廃へセキュリティ対策まで含めて「物理は持たない」方針を実現

郵船商事株式会社さまのロゴ

NSファーファ・ジャパン株式会社さま

AWSへの段階移行を進め、オンプレミス全廃へセキュリティ対策まで含めて「物理は持たない」方針を実現

NSファーファ・ジャパン株式会社さまのロゴ

【連載コラム】セキュリティの基本を解説するコラムや開発者インタビューなど

初心者向けに分かりやすくAWSについて解説するコラムでは、セキュリティの考え方の基本を紹介。また、クラウドポータルのセキュリティ機能に関する開発者インタビューも公開しています。

対策の具体的な構成、ユースケースまで解説

AWSのセキュリティについて、基本から学べるセミナーを定期的に開催しています。AWSがおこなっているセキュリティ対策から、利用者がすべき対策までトータルに解説。具体的な構成・ユースケース、サービスの活用法などをご紹介します。
※現在開催予定はありません