株式会社ytv Nextry様(メディア配信システム)

5Gスタートに向け、
ライブメディア配信への取り組みを強化
AWSのフルマネージドサービスでコストなどのハードルを一気にクリア

株式会社ytv Nextry様(メディア配信システム)

広告・放送・出版 AWSの活用・環境構築がしたい 100-500名

お客様プロフィール

会社名
株式会社ytv Nextry
本社所在地
大阪市中央区城見1-3-50
設立
1970年7月1日
資本金
1000万円
従業員数
~500名
事業内容
放送業

ご契約サービス

マネージドクラウド with AWS

はじめてのAWSから 一歩進んだ活用までトータルサポート

西日本最大規模の映像プロダクションとして、企画から撮影、編集、音響効果、MAまで一貫して手掛ける。先進的な機材を用い、バラエティー番組やスポーツ番組から報道、ドキュメンタリー、イベントなど映像制作のあらゆるニーズに対応。数多くの現場で技術協力を行ってきた。ドローン撮影やVRなど新たな技術にも積極的に取り組んでいる。

やりたくてもハードルが高かったライブメディア配信

総務センター センター次長 システム部長 中澤 哲矢 氏
総務センター
センター次長 システム部長
中澤 哲矢 氏

テレビ番組やCMから、企業のPR動画、イベント中継など幅広い分野において映像コンテンツ制作を手掛けてきた株式会社ytv Nextry。同社が次に目指したのがコンテンツの配信(メディア配信)である。さまざまな動画配信サービスが登場し、テレビ局自身も配信サービスを始めている。「自分たちで制作したコンテンツの出し口を増やしたいという想いは以前からありましたが、配信は機器やシステムについて多額の投資が必要で、事業として成立させるにはかなりハードルが高い状況でした(中澤氏)」この状況を大きく変えたのがAWSである。ほとんどの社内システムをAWSに移行し、自社のAWS環境が整ったこともあり、ここでメディア配信を実現できるのではと考えたのだ。実験的な要素が強く、専用のハードウェアを用意するとなると敷居が高かったが、AWSならば予算的に可能な範囲だった。「社内システム移行でお世話になったソニービズネットワークスに相談したところ『まず試してはいかがでしょうか』とご提案いただいたことも後押しとなりました(中澤氏)」

AWSなら“数百円レベル”で簡単に試せる

総務センター システム部 布野 学 氏
総務センター
システム部
布野 学 氏

AWSでメディア配信を実現する場合、EC2インスタンス上に各種サービスを構築する方法と、AWSが提供するマネージドサービスを利用する方法の2種類がある。今回は短期間で導入可能であり、従量課金でコストを抑えて利用できるAWSのマネージドサービス「AWS Media Services」を利用することに決めた。

「どのサービスをどう使えばよいのか、ソニービズネットワークスからアドバイスをいただき、互いに試行錯誤しながら構成を検討しました(布野氏)」最終的にはソニービズネットワークスが環境を構築し、映像・音声などのパラメータ設定は自社で行うという役割分担でプロジェクトを進めたという。「設定は30分ほどあれば終わってしまったほどです。配信用の機材をそろえるとなるとレンタルでも相当なコストがかかりますし、配信規模にあわせて違う機材を用意しなければなりません。セッティングだけで何時間もかかることもあります。AWSならば数百円レベルで簡単に試せるうえ、同じ構成で数千人規模の配信まで対応できるのは大きなメリットです(布野氏)」

お客様のクラウド構成図

AWS Media Services(動画配信サービス)

AWS Elemental MediaLive

ライブ動画処理サービス。マルチスクリーンデバイスでの配信用に高品質なビデオストリームを作成し、リアルタイムでの配信を実現する。ライブ動画をエンコードし、配信に適した小さなサイズに圧縮するほか、音量正規化や字幕機能なども搭載。配信のためのインフラ構築や運用などの作業が不要に。

AWS Elemental MediaStore

メディア配信用に最適化されたストレージサービス。高性能・低遅延はもちろん、動画変換・配信時のデータ整合性を提供し、効率的かつ安定したメディア配信をサポートする。

Amazon CloudFront

AWSが提供するコンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービス。データやアプリケーション、動画まで低遅延・高速転送により世界中のユーザに配信する。各種AWSサービスと直接接続でき、AWS Media Servicesと連携することで動画の効率的な配信を実現する。

NTTドコモと共同で5G回線を利用した検証実験を実施

メディア配信を実用化するにあたって欠かせない高品質かつ高速なネットワークとして期待されるのが、5G回線だ。同社では、今回構築したAWS環境をベースに、NTTドコモ関西支社と共同で5G回線を利用した高品質複数モバイル映像伝送検証実験を実施。撮影した高画質な映像を、取材場所から5G回線を介して配信できることが検証できた。

「インターネット経由で高品質なライブ配信ができる、ということに加えて、制作サイドの負担を軽減する『リモートプロダクション』の実現にもつながるのではと考えています(中澤氏)」これまで中継時には中継車を出して回線をコーディネートしなければならず、コストも手間もかかっていた。それに対し、リモートプロダクションではカメラマンなど最小限のスタッフのみを現地に派遣し、番組制作はすべて社内で行う。5G回線を活用すれば、撮影データを5G回線経由でAWSに蓄積し、社内で編集、そのまま配信する、といった理想形も現実になりうるというわけだ。実現できれば映像・番組制作現場の働き方も大きく変わるだろう。

クラウド化・メディア配信のトレンドを追う

「今回、AWSで動画配信できるということを確認しました。業界としてクラウド化が進む今、我々のような比較的小規模な企業でも、コストを抑えてトレンドを追いかけられるのはAWSのおかげです(中澤氏)」今後、メディア配信を事業化するには、認証や課金など検討課題も多い。

「技術的な面では遅延をどこまで下げられるかが課題です。テレビ放送を基準とすると、求められるスペックも高くなりますから、サーバだけでなくネットワークまで含めた調整が必要だと考えています(布野氏)」

今後、まずはAWS環境で編集まで完結させることを検討していく。

4Kの映像はデータ量も大きいため、プレビューはクラウド上で行い、必要な部分のみダウンロードする流れを目指すのだ。「AWSの実力や可能性を自分たちで確かめることができたので、実用化に向けてさらに検討・活用を進めていきたいと思います(中澤氏)」

2020年2月現在

5Gスタートに向け、 ライブメディア配信への取り組みを強化 AWSのフルマネージドサービスでコストなどのハードルを一気にクリア

SHARE
シェアシェア ツイートツイート
株式会社ytv Nextry様(メディア配信システム)

この事例に関連する製品

この事例に関連するホワイトペーパー / パンフレット

この事例に関連する
セミナー・イベント

この事例に関連するコラム