Amazon Connect 導入支援サービス

電話窓口の在宅勤務化を実現する
Amazon Connect環境をリーズナブルに
構築できます

「Amazon Connect」とは

AWSが提供するコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」は、電話回線・電話番号から、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配装置)までコンタクトセンターに必要な機能をオールインワンで提供します。インターネット回線とブラウザがあれば、場所を問わずに電話窓口の対応ができるようになり、小規模から電話窓口の在宅勤務化を実現します。

短期間導入

Amazon Connectはマネージド型で提供されるため、インフラ構築などが不要。電話回線も用意され、運用フローをGUIベースで簡単に設定できます。「新サービス開始に向け対応窓口を開設したい」などのケースにも短期間で対応できます。

柔軟に席数を増減可能

ほかのAWSサービスと同様に、Amazon Connectも従量課金となります。利用した分だけ支払うため、必要にあわせて席数を増減することでコスト最適化につながります。「小規模からスタートして拡張したい」「キャンペーンの時期だけ席数を増やしたい」といったケースにも有効です。

Amazon Connectの基本環境をリーズナブルに構築

マネージドクラウド with AWSでは、Amazon Connectの基本的な環境構築をおこなうサポートメニューを提供しています。基本的な電話応対のための環境構築から、曜日(土日・祝日など)・営業時間判定や、自動応答(時間外・話中など)など在宅電話窓口のファーストステップとして必要な設定をお客さまに代わっておこないます。さらに、条件によってコールを振り分けるフロー作成に対応するメニューも用意しています。

基本から詳しく解説「Amazon Connect入門」

Amazon Connectを利用した電話窓口の在宅勤務化について詳しく解説したホワイトペーパーを用意しました。「ACDやIVRは具体的にどう使うのか?」「PBXや電話機はどうなるのか?」といった基本から、自動テキスト化・音声ボットなどの一歩進んだ活用法まで解説。利用料金のシミュレーションや、ソニービズネットワークスのサポートメニューについても紹介しています。

「まとめて解説Amazon Connect入門」
ダウンロードはこちら

「まとめて解説Amazon Connect入門」

初心者向けコラムで、運用の注意点や活用Tipsなどを紹介

初心者にも分かりやすくAWSの各種サービスを紹介するコラムでも、Amazon Connectをピックアップ。運用のコツや注意点、活用Tipsなどのほか、機械学習サービスとの連携でできることについても紹介しています。

コンタクトセンターサービス “Amazon Connect” 導入前に知っておきたい!運用のコツと注意点
『Amazon Connect活用Tips』 問い合わせフローづくりからコスト最適化まで
Amazon ConnectとAIでなにができる? コンタクトセンター在宅化の課題解決にも!
コンタクトセンターで使える? Amazon Transcribeで会話をテキスト化!

電話窓口の在宅勤務化/Amazon Connectセミナー

Amazon Connectについて詳しく学べるセミナーを定期的に開催しています。サービスの基本から、導入スケジュール、検討ポイント、さらにはセキュリティ面での懸念などについて詳しく解説。実際に活用いただいている企業の導入事例についても紹介します。

※現在開催予定はありません