主な機能・動作環境 Prediction One

主な機能

二値分類

2つの事柄に対する予測確率を算出します。
例えば、購入するか購入しないか(購入確率)、故障するか故障しないか(故障確率)、などある事象が起きる確率を予測するケースに利用されます。

多値分類

3つ以上の事柄に対する予測確率を算出します。
例えば、苦情データがA.製品に関するもの、B.サービスに関するもの、C.その他、などの分類の自動化に利用できます。

数値予測(回帰)

数値を予測します。
例えば、1年間のデータから翌月以降の製品出荷数や不動産の成約価格の予測に利用できます。

 

トライアルボタン名

動作環境

 

表はスライドできます

OS Windows 8.1(64bit版)/Windows 10 (64bit版)
推奨スペック CPU 3.0GHz以上
メモリ 8GB以上
ハードディスク空き容量 50GB以上
対応データ 表形式データ(数値、文字列、テキスト、日付)

 

トライアルボタン名