Dropbox社の「クラウドストレージ」活用法を徹底解剖!最新の”働き方”に欠かせない条件とは?

クラウドストレージの世界トップベンダーであるDropbox社をお招きして、同社が実践する働き方&セキュアなハイブリットワークを実現する、クラウドストレージ活用事例をご紹介します。

開催日時
2022年09月29日(木) 14:00 ~ 15:00
申込締切日
2022年09月28日
定員
100名
受講方法
webセミナー

セミナーに予約する(無料)

セミナー詳細

「ハイブリットワーク」を成功させるには、テレワーク中の社員・オフィスにいる社員に"情報格差"を生まないことが重要です。
クラウドストレージは、スムーズなデータ共有、オフィス外からの社内文書へのアクセス、社外へのセキュアな情報共有など、まさに「どこからでも」「誰とでも」働ける環境づくりの必須アイテムと言えます。

本セミナーでは、クラウドストレージの世界トップベンダーであるDropbox社をお招きし、「バーチャルファースト企業」同社が実践する働き方をご紹介いただきながら、ハイブリットワークで必要とされるクラウドストレージの考え方や要件について解説します。

▼アジェンダ ※内容は変更となる可能性がございます
1. Dropboxの働き方
2. Dropbox が提言する「ハイブリットワーク」に必要な考え方・要件とは?
 4つの事例をもとにご紹介
3. 他社製品との比較

対象

・企業の情報システム部門のご担当者様
・テレワーク/ハイブリッドワークを実施中、もしくは実施検討中の企業様
・クラウドストレージの活用方法が知りたい方
・クラウドストレージのサービス比較を行いたい方

講師プロフィール

Dropbox Japan株式会社 パートナー営業本部 ディストリビューション営業部
エグゼクティブパートナーマネージャー
福地 高志 (ふくち たかし)

Webセミナー参加の流れ

  1. ウェビナー開催の前日までに、当日セミナーに参加できるURLをお送りします。
  2. 当日、ウェビナー開始時間になりましたら、URLにアクセスしご参加ください。

注意事項

※ 開催の趣旨から、講演企業の競合となる方の参加はお断りする場合があります。
※ 講演内容は一部変更となる場合があります。

お申し込みフォーム