1. HOME
  2. HOME
  3. スピードテスト

スピードテスト

スピード測定について

当回線速度測定システムは、多様なインターネットご利用シーンを想定し、マルチセッション方式での測定システムをご提供。マルチセッション方式では、複数のTCPコネクションを使用した場合の、回線全体のスループットを測定することが可能です。そのため通常の測定システムでは測定できなかった、光/ギガ回線のスループットを測定することが可能です。

オフィスの回線速度をギガ回線対応スピード測定システムで、簡単測定!

本コンテンツはPC版にてご覧くださいませ。

Powered by Studio Radish

NUROアクセス
開通試験時通信速度実績

NURO BizではNUROアクセス開通時に、同システムによる通信速度測定を実施しております。
ご利用中のインターネット回線の通信速度測定結果と比較ください。

【2013年4月~2017年3月 開通試験時平均上下通信速度】
下り平均 上り平均
817.6Mbps 791.4Mbps

2013年4月〜2017年3月末日に開通したNUROアクセス スタンダード/プレミアム回線のONU、LAN1ポートでの測定結果の平均値です。

速度は測定結果の平均値であり、回線の最大速度を示すものではありません。

測定結果は、PCの性能やネットワークの状況により変化します。

下り最大2Gbpsのインターネット回線
「NUROアクセス」

現在ご利用中のインターネット回線スピードはご満足いただける結果でしたでしょうか?
NURO Bizでは広帯域、高品質なインターネット接続サービスを、これまでの法人向けサービスとは一線を画するサービスで圧倒的に高いコストパフォーマンスを実現しております。
詳しくは各サービス詳細ページをご確認ください。

スピードテストの基礎知識

スピードテストとは?

インターネット接続における回線速度/通信速度を測定するテストです。利用しているPCや通信機器とサーバ間との通信速度を計測し、インターネット回線の上り(アップロード)・下り(ダウンロード)の通信速度を測定します。測定方法の違いによっても結果が異なることがあります。

スピードテストの見方

上り回線とは

インターネット回線の「上り」とは、アップロードのことです。主にメールの送信やファイルのアップロードなど、コンテンツの発信に使います。サーバの場合、コンテンツを提供するレスポンス(速度)に影響します。

下り回線とは

インターネット回線の「下り」とはダウンロードのことです。動画を見たり、ネットサーフィンをしたり、主にコンテンツの閲覧をするときに使うのが下り回線です。ダウンロード速度とはコンテンツの受信速度のことです。

測定状況について

通信速度の測定結果には、測定状況を示した棒グラフが表示されます。これは、測定の乱れを数値化したものです。棒グラフが上下せず、より高い状態で維持されていれば測定の乱れは少なくなります。従って得られた測定数値の信頼性も高いと考えられます。

スピードテスト FAQ

  • Q1

    「Mbps」や「Gbps」とは?

    A1

    通信速度を測定すると、「Mbps」という数値が表示されるはずです。
    これは、通信速度を示す単位です。例えば、測定した通信速度が100Mbpsの場合、1秒間に100メガビット(12.5メガバイト)のデータをダウンロードできます。1 Gbpsは、1,000 Mbpsです。

  • Q2

    サイトや時間帯によって測定結果が違う理由とは?

    A2

    測定サイトの測定方法やサーバ性能によって測定結果には違いが生じます。サーバとPC間にプロバイダが入らないスピードテスト専門の測定サイトであれば、信頼性の高い測定結果が得られます。また、時間帯によってもユーザーからのアクセス数が異なるため、通信速度の測定結果の数値には違いが生じます。

  • Q3

    通信速度の向上には何が必要ですか?

    A3

    まず、ノートPCなどを無線LANで接続している場合は、一定以上の通信速度の確保はできません。
    有線LANを利用しているのに測定した通信速度の数値が上がらない場合は、ルータ・LANケーブル・その他ネットワーク機器が原因であったり、パソコン本体が古くて高速通信に未対応ということもあります。

  • Q4

    最大通信速度1Gbpsや2Gbpsとは、常にその速度で通信できるということですか?

    A4

    インターネット回線は多くのお客様で共用するため、利用環境や回線の混雑状況によって通信速度が変動します。
    測定された推定転送速度も、常時一定の速度が保証されるものではありません。また、通信速度表示は、技術規格上の最大値となるので、お客様社内の実効速度を示すものではありません。

  • Q5

    通信速度が遅くなる主な原因を知りたい

    A5

    通信速度が低下する理由の一つは、接続先までの経路の通信品質、特に遅延時間です。
    海外のサイトへの通信経路では、国内のサイトとの通信の10倍以上の遅延時間となる場合が多く、通信速度も10分の1以下となります。
    もう一つはネットワークの出入り口にあるルータの性能の問題です。
    家庭用ルータに10台以上の端末を接続すると、処理能力を超えて極端に通信速度が遅くなったり、時にルータがフリーズしてリセットが必要になります。

  • Q6

    PINGとは

    A6

    PINGとは、通信相手のPCやサーバーから返事が返ってくる時間などを数値で測定できるコマンドです。
    また、応答速度も表示されるため、ネットワークの通信速度を確認することもできます。
    ここで確認される数値は、ダウンロード速度とは違い、少なければ少ないほど快適です。

測定・設定方法

1 ご利用中の回線情報を設定する

ラジオボタンとプルダウンから現在ご利用中の回線情報を選択。
続いてご利用場所の郵便番号を入力いただき、「測定ページへ」ボタンをクリックしてください。
回線情報をご登録されたくないお客様は、「登録をSKIPして測定」をクリックして下さい。

ご利用中の回線情報を設定する図

NUROアクセスをご利用中のお客様

「NURO光」ラジオボタンを選択いただき、「ご契約タイプ」プルダウンからご利用中のプランを選択ください。

NUROアクセス以外の他社回線をご利用中のお客様

「NURO光 以外のサービス」ラジオボタンを選択いただき、ご契約中のサービスまたはキャリアを選択ください。

2 測定方法の設定をする

スピード測定の設定後、「測定ページへ」ボタンをクリックしてください。
尚、NUROアクセスの開通試験時の測定設定はデフォルトの設定です。

測定方法の設定の図

測定方向

スピード測定をする回線方向を選択して下さい。

測定精度

測定精度を選択して下さい。

3 測定開始をクリックする

「測定準備完了:の表示がされましたら「測定開始」ボタンをクリックして下さい。
セキュリティ警告が表示された場合は、「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れ「実行」をクリックしてください。

測定開始の図

ご利用にあたっての注意事項

Javaの警告表示について

Javaアプレットを実行する際に、セキュリティに関する警告が出る場合があります。
繰り返しこの確認ダイアログが表示されないようにするには、ご確認の上、「この発行者および前述の場所からのアプリケーションでは、次回から表示しない」の項目にチェックを入れ実行してください。

※ 一部のブラウザでは、上記の確認表示がポップアウトで出る前に、ブラウザ上部に表示されます。
ご確認の上、「今回は実行する」または「このサイトでは常に実行する」を選択ください。

Javaが表示されない場合

一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。

対策

Javaを全て削除(アンインストール)し、最新版を再インストールしてください。

原因

最新のJava(※1)では、以前のJavaがアンインストール出来ていない場合に、既定状態でJavaアプレットを利用できない場合がある仕様になっています。このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。
以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールしないままでのバージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。
このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールできていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。詳細関連ページへ
ご利用上の都合で旧バージョンのJava環境が必要な場合は、セキュリティ上のリスクを鑑みていただいた上で、Javaのセキュリティ・レベルを”標準”にしてご使用下さい。
※1 Version 7 Update 21以降のバージョンでは同様の現象になります。

正しく測定できない、または、測定後に測定結果が表示されない場合

「不具合回避オプションを使用する」にチェックを入れてください。
このとき表示される設定フォーム内の該当項目にチェックを入れ、「適用」をクリックしてください。

動作環境について

次の環境にて動作を確認しております。
iOS、Androidなど、下記以外の環境では動作いたしません。
なお、いずれの環境もJavaの最新版が必要です。
また、Javaアプレットを有効に設定する必要があります。

図をスライドできます

動作環境について
Windows XP, Vista, 7,デスクトップモードの
8(日本語版)
※最新のService Packが適用されているもの
Mac OS X 10.8.4以降 (日本語版)
〇Internet Explorer7、8、9、10
〇FireFox 最新版
〇Safari 最新版
〇Firefox 最新版

NUROアクセスの通信速度について

機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。
有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は最大450Mbps(技術規格上の最大値でありお客さま宅内での実使用速度を示すものではありません)となります。

接続数について

本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線(物理回線)に対し、1セッション(論理回線)で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します(マルチセッション方式)。
主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。
測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。

スピード測定結果の取り扱いについて

スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。
また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。

外部サイトでの回線速度測定

外部サイトにて速度測定をされる場合には、IT媒体や調査機関でも使用される
ブロードバンド通信速度測定サイト「RBB SPEED TEST」をご利用いただくことを
お勧めいたします。