SaaS(Software as a Service) NUROクラウド Google Workspace

クラウド

マルチデバイスでご利用いただける
ウェブベースのクラウド型グループウェアサービス

メール、カレンダー、ドキュメント作成・保管が、PCはもちろん、
スマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスでご利用いただける、
Googleが提供するクラウド型グループウェアサービス。
ハードウェア・ソフトウェアの運用管理やメンテナンスの負荷を大幅に削減し、
世界最高クラスの強固なセキュリティに守られた各種コミュニケーションツールが、あなたのビジネスを加速させます。

ビジネスのための各種コミュニケーションツールを、強固なセキュリティで利用可能に

オンラインでの導入ご相談(予約)はこちら

Google Workspaceの主な機能

表はスライドできます

Gmail™ カレンダー Hangouts Chat ドキュメント
Gmailのアイコン カレンダーのアイコン ハングアウトのアイコン ドキュメントのアイコン
ビジネス用の安全かつ
プライバシーが保護された
広告の入らないメール
チーム向けに設計された
統合型オンラインカレンダー
チーム向けに設計されたメッセージングプラットフォーム チーム向けに設計されたメッセージングプラットフォーム

表はスライドできます

スプレッドシート フォーム スライド サイト
スプレッドシートのアイコン フォームのアイコン スライドのアイコン サイトのアイコン
絶えず変化する組織での
コラボレーションに役立つ
セキュアなスプレッドシート
公開可能なアンケートや
フォームを簡単に作成
プレゼンテーションの共同作成 インパクトのある
チームサイトを簡単に作成

表はスライドできます

Keep ドライブ 管理コンソール
Keepのアイコン ドライブのアイコン 管理コンソールのアイコン
重要なことを記録して、
効率的に実行
ファイルの保管、アクセス、
共有を1つの安全な場所で
まとめて行う
組織に合わせて Google Workspace を管理

2019年3月現在の情報です。最新情報、機能の詳細はGoogle LLCをご確認ください。

Google Workspaceのご利用には、独自ドメインが必要です。またDNSにてMXレコーダーの設定が必要となります。

Gmail™の添付ファイルは『25MB』のサイズ制限があります。

ユーザー一人あたりの1日の最大受信者数(ドメイン外)は、『3,000』です。

メール受信プロトコルは、IMAP と POP3に対応しています。

複数ドメイン(マルチドメイン)の一元管理が可能ですが、ドメインごとに異なるポリシーや設定を適用することはできません。
管理コンソールのすべての設定は、アカウントに含まれるすべてのドメインに適用されます。

ビジネスのための各種コミュニケーションツールを、強固なセキュリティで利用可能にします

コンプライアンス対策オプション『Vault(ヴォルト)』

Vault(ヴォルト)は、メール、Google ドライブ ファイル コンテンツ、オフレコが解除されているチャットの管理、保持、検索、書き出しが可能なオプションサービスです。
定期的な監査業務、訴訟やコンプライアンス対応のためのe-Discovery(電子証拠開示制度)対応に活用いただけます。

Vault の有償アドオンは G Suite Basic、Enterprise Essentials でのみ(ドメインの所有権を証明済みの場合のみ)利用できます。
利用する場合は、別途、Google WorkspaceオプションサービスのGoogle Vaultを契約いただく必要があります。
Business StarterとBusinessStandardでは利用できません。
Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus には Vault ライセンスが含まれています。

2020年12月現在の情報です。最新情報、機能詳細はGoogle.Incのホームページをご確認ください。最新情報、機能詳細はGoogle.Incのホームページをご確認ください。

訴訟のための記録保持で情報を保存

ドメイン全体や組織部門単位で期間や検索キーワードを指定し、対象コンテンツの保持ポリシーを設定可能。記録されたデータの履歴を、法的監査目的で管理、保持できます。

強力な検索ツール

アカウントが停止されていても、必要な情報を検索して取得できます。法的に必要な情報を収集し、従業員の離職によるデータ損失を防止できる最適な方法です。Google ドライブ ファイルの過去のバージョンを書き出すこともできます。

書き出し

検索した結果や、メール、チャット、Googleドライブ上のすべてのファイルを書き出すことが可能です。

管理者の操作履歴もすべて記録

Vault の管理者のすべての操作は記録され、監査レポートとして確認することが可能です。Vault を利用している限り、管理者や Google が操作履歴を削除することはできないので、不正を防ぐことができます。

組織のデータ保持と電子情報開示に対応します

認証方式

Google Workspaceではログイン認証方式は、通常はID/パスワード認証となります。
その他にも2段階認証、SAML認証にも対応しており、お客様のセキュリティポリシーにあわせた認証方式を選択いただけます。

【2段階認証】

2段階認証では、正しいIDとパスワードに加えて、
ユーザの携帯電話に都度送られる確認コードが必要になるため、より確実な本人確認が可能です。

【2段階認証】の図

ピンチアウトで図を拡大

【SAML認証】

Google Workspaceの認証方式をSAML認証にすることで、
各種IDマネジメントサービスやディレクトリサービスをGoogle Workspaceの認証基盤としてご利用いただけます。

【SAML認証】の図

ピンチアウトで図を拡大

サポート体制

サポートは、Google社より直接ご提供。
メール、電話、チャットにて24時間365日受付しております。

お客様のセキュリティポリシーにあわせた認証方式を選択いただけます

このサービスに関連する
パンフレット/ホワイトペーパー

このサービスに関連する導入事例