1. HOME
  2. HOME
  3. コラム
  4. IP-VPNとは?回線が高品質で速いなどの特徴を他のVPN接続方法と合わせて解説

「IP-VPNとは?回線が高品質で速いなどの特徴を他のVPN接続方法と合わせて解説」のトップイメージ

IP-VPNとはVPN接続の1種で、他にはインターネットVPNとエントリーVPN、広域イーサネットの計4種類があります。IP-VPNは、回線が高品質で高セキュアであることが特徴です。この記事では、IP-VPNの概要などについて解説します。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

「NURO Biz」についての資料をダウンロード

「NURO Biz」について詳しく知る

IP-VPNとは?

VPN接続には「IP-VPN」、「インターネットVPN」、「エントリーVPN」、「広域イーサネット」の4種類があります。IP-VPNは、拠点間の接続に通信事業者が所有している閉域IP網を使用していることが特徴です。閉域IP網とは、通信事業者と契約した人だけが利用できるもので、閉ざされたネットワークともいわれます。広域イーサネットとの違いは、IP-VPNではレイヤー3で使う送信プロトコルがIPのみに限定されます。

また、IP-VPNでは、「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」という技術が使用されており、従来のIPヘッダーの情報に代わり、短い固定長の情報「ラベル」を利用する技術です。MPLSに対応したルータ(LSR:Label Switching Router)などでネットワークを構成することで、ラベルのみを参照するため、転送や経路計算の時間短縮につながり、高速ルーティングが実現可能です。

1 IP-VPNの主な特徴

IP-VPNは、企業の拠点間を接続する目的で活用されることが多いのが特徴です。上述したとおり、通信事業者が所有する閉域IP網を使用しているため、不正アクセスなどのセキュリティリスクを軽減でき、安全な通信が可能になります。

また、通信速度が高速で安定していることも大きな特徴です。MPLSを使用しており、高速ルーティングが実現可能です。VPN接続とIP-VPNの詳細については、以降の段落で詳しく解説します。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

「NURO Biz」についての資料をダウンロード

「NURO Biz」について詳しく知る

VPN接続に関する基礎知識

上述しましたが、ここでは改めてVPN接続に関する基礎知識を解説していきます。

1 VPNの仕組みとメリット・デメリット

VPNとは、「Virtual Private Network」の略で、日本語では「仮想プライベートネットワーク」と訳されます。仮想的な専用線を構築する方式となっており、VPNを利用することにより専用線を引かずに安全な通信を実現できます。リモートワークの推進・普及が進んでいることで、近年大きな注目を集めている接続方法です。

VPNのメリットは、距離や場所などに関係なく、どこからでも安全にアクセスできることです。また、インターネットに接続できればパソコン以外の、タブレットやスマートフォンなどからでも安全にアクセスできます。専用線を構築する必要がないため、低コストで導入できることも魅力です。

デメリットとしては、利用する方式によっては通信速度や安全性に問題性が生じることです。搭載機能によってはコストも高くなるため注意しましょう。

2 【参考】固定IPアドレスとは

固定IPアドレスとは、「インターネット上の住所」のようなものです。インターネットに接続するためにはIPアドレスが必要で、一般的には接続するたびに変わります。しかし、固定IPアドレスでは、何度接続しても同IPアドレス発行されます。固定IPアドレスを利用したVPNは、遠隔地からの接続やクラウドサービス利用時のセキュリティ強化ができるため、リモートワークにも役立ちます。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

「NURO Biz」についての資料をダウンロード

「NURO Biz」について詳しく知る

IP-VPNとインターネットVPNの違い

不正アクセスの主な手口を4点紹介します。

1 通信品質と安全性の特徴の違い

通信品質と安全性には、どのような違いがあるのでしょうか。

IP-VPN

IP-VPNは通信事業者の契約者のみが利用できる閉鎖的なネットワークを利用するため、安全性と信頼性の高さが大きな強みです。また、他の利用者の影響も受けず、パケットの暗号化も必要ないため快適で安定した通信が行えます。

インターネットVPN

インターネットVPNは、誰でも利用できるパブリックな通信回線を利用するため、第三者からの不正アクセスなどのリスクが考えられます。また、他の利用者の影響を受ける可能性もあり、時間帯によっては通信が遅くなることもあります。

2 構築コストと運用面の特徴の違い

ここでは、構築コストと運用面の特徴について詳しく解説します。

IP-VPN

IP-VPNは、インターネットVPNとは異なり、インターネット契約ではなく閉域サービスを契約しなければいけません。そのため、一般的なインターネット回線を契約するよりコスト高い傾向にあります。ネットワークの品質保証があるサービスが多く、高い回線品質が保証されたVPN環境を構築することができます。

インターネットVPN

IP-VPNよりも安価でVPN接続を使用できることが特徴です。インターネット回線を利用するため、コストパフォーマンスに優れており、コストは抑えられます。インターネット回線によっては品質保証がないため、高い回線品質は保証されない場合があります。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

「NURO Biz」についての資料をダウンロード

「NURO Biz」について詳しく知る

IP-VPNのメリット・デメリット

インターネットVPNとの違いを理解したところで、さらに詳しくIP-VPNについて解説していきます。

1 IP-VPN接続のメリット

IP-VPN接続には、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下で、3つのメリットを紹介します。

通信は高速で安定している

IP-VPNは前述したように閉域IP網を使用し、MPLSなどの技術が使われています。そのため、非常に高速で安定した通信の確保が可能です。

通信事業者が幅広いプランを設定している

IP-VPNは、速度や帯域保証にともなって、幅広いプランが設定されていることが特徴です。さまざまなプランの中から、自社のニーズや拠点の重要度などにあったプランを選ぶことができるため、コストなどのバランスをみながら選択できます。

セキュリティの向上

IP-VPNは閉域IP網を利用するため、限られた人だけしかアクセスできません。そのため、セキュリティリスクの軽減が可能です。企業ネットワークのセキュリティが向上するため、安全な通信ができます。

2 IP-VPN接続のデメリット

IP-VPN接続には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここでは、2つのデメリットを紹介します。

通信プロトコルがIPに限定される

IP-VPNでは通信プロトコルがIPに限定されます。

高コスト

IP-VPNは、閉域サービスを契約しなければいけないため、インターネットVPNと比べた場合、導入までに時間がかかり、コストもかさむ傾向にあります。そのため、IP-VPNを使用しなくても問題ない環境、例えば拠点が1カ所のみである場合などは、低コストで手軽に導入できるインターネットVPNがおすすめです。

高速で安定したネットワークを、抜群のコストパフォーマンスで

「NURO Biz」についての資料をダウンロード

「NURO Biz」について詳しく知る

まとめ

IP-VPNは閉域IP網を活用したVPN接続です。安定しており通信速度が速い、セキュリティレベルが高いというメリットがありますが、高コストになりやすいというデメリットがあります。

NURO Bizが提供する『NUROセキュリティ』は、「インターネットVPN」の初期設定などはもちろん、日々の運用もすべてお任せいただけるマネージドセキュリティサービスです。

「インターネットVPN」だけではなく、UTM(統合脅威管理)などのセキュリティサービスにより、ウィルス、不正アクセス、サーバ攻撃、迷惑メール、スパイウェアといった複合的脅威からネットワークを守ることが可能です。詳細についてはパンフレットでご覧いただけます。

「NUROセキュリティのパンフレット」は下記フォームよりダウンロードください。

「NUROセキュリティのパンフレット」ダウンロード

「NUROセキュリティのパンフレット」ダウンロードをご希望のお客様は、以下必要事項をご入力ください。

Open Modal