1. HOME
  2. HOME
  3. 導入事例
  4. フジモリ産業株式会社様

フジモリ産業株式会社様

  • 課題テーマ
  • ご契約サービス
  • コスト削減
  • NUROアクセス プレミアム

タブレット100台の導入に帯域保証型回線を採用

化成品事業と建材事業、土木事業、国際事業を密接に連携させるビジネスを展開するフジモリ産業では、100名の営業職に対してAndroidタブレットを導入することになった。しかし、既存の回線だけでは、他の業務で使用しているPC等に支障が出てしまう。そこで、「NUROアクセス プレミアム」を導入。Androidタブレット専用のインターネット回線として利用することで、高速で安全性の高いネットワークを構築した。

お客様プロフィール

会社名
フジモリ産業株式会社様
本社所在地
東京都品川区東五反田
設立
昭和26年3月2日(1951年)
資本金
3億320万円
従業員数
188名(2013年4月現在)
事業内容
プラスチック原料・製品並びに関連機械の国内販売及び貿易
建築・土木工事用資材の製造・販売並びに工事
URL
http://www.fujimori.co.jp/

課題

課題1
ベストエフォート型回線に不安があった
課題2
大量のタブレット導入に伴うVPN接続のパフォーマンス低下が懸念されていた
課題3
タブレット導入に伴う既存のネットワークへの影響は排除したかった

サービス導入による効果

効果1
帯域保証型回線の導入により安定した通信環境を実現できた
効果2
大量のタブレット導入によるネットワークのパフォーマンス低下を回避できた
効果3
将来の事業拡大に備えたデータセンター・基幹システムへの増設ビジョンができた

インタビュー

NUROアクセス導入で基幹ネットワークの刷新を図る

フジモリ産業株式会社 事業推進部 情報システム課 課長 渡辺正浩氏の画像フジモリ産業株式会社
事業推進部
情報システム課 課長
渡辺正浩氏

フジモリ産業は東京・品川に本社を置き、札幌と仙台、名古屋、大阪、福岡に営業拠点を設け、茨城県石岡市と和歌山県橋本市に工場を持つ企業。1951年にアスファルト製の床材を販売することからスタートし、現在では化成品事業と建材事業、土木事業、国際事業を密接に連携させるビジネスを展開している。

同社は、従来、データセンターと本社オフィスを結ぶVPNとして他キャリアの回線サービスを利用していた。「ベストエフォート型のネットワークにやや不安を感じていました」。フジモリ産業 事業推進部 情報システム課 課長 渡辺 正浩氏はこう話す。本社とデータセンターを結ぶ基幹ネットワークは100Mbpsのベストエフォート回線であり、将来の事業展開を考えると帯域に不安があった。そのため、帯域保証型回線サービスの「NUROアクセス プレミアム」を導入し、基幹ネットワークを刷新する計画を立てたのだ。

NUROアクセス プレミアムには、30Mbpsの帯域を保証するものと50Mbps保証するものがあるが、フジモリ産業では前者を利用することを考えていた。利用中の回線サービスよりも帯域が広くなり、コストは安くなるため、NUROアクセス プレミアムの導入はすぐに決まった。通信速度と料金だけでなく、420Gbps超のバックボーンを確保している点も評価したという。

フジモリ産業株式会社 ネットワーク図

ピンチアウトで図を拡大

しかし、本社側の回線として導入した際には、回線を切り替える際に発生するさまざまな設定変更作業等が多かったために、作業を一旦ペンディングすることにした。つまり、回線として開通はしているが、使用していないという状態が一時的に発生していた。

タブレットの大量導入でNUROアクセス プレミアムを活用

そうした中、フジモリ産業では、営業社員を中心にタブレットを100台導入することを決定した。「営業社員からも、それまでPCを持ち歩いていたので特に不便という意見はありませんでした。ここ最近になって、みんなスマホを持ちだすようになりました。タブレットを導入する機が熟したと経営層の判断もあって、全員に配布することが決定したのです」と、渡辺氏は当時を振り返る。

しかし、大きな懸念があった。それは現在インターネットへのアクセス回線として使用している回線に、タブレット100台のアクセスが集中した場合、ネットワークの帯域を圧迫してしまい、他の業務で使用しているPCのメールやweb閲覧等に支障が出てしまうという懸念だ。そこで、再浮上してきたのが、契約していた「NUROアクセス プレミアム」を活用することだった。「NUROアクセス プレミアム」の回線を、タブレット専用のインターネットアクセス回線として利用することにしたのだ。

フジモリ産業株式会社 ネットワーク図

ピンチアウトで図を拡大

また、タブレットから基幹システムへアクセスする場合には同回線を使用し、リモートVPNで基幹にアクセスするようにした。「このようにタブレット用の回線として、NUROアクセス プレミアムを活用することで、既存のネットワークへの影響は全くなかったのです」と、渡辺氏は言う。

タブレットで実測500~600Mbps以上のスピードに一同驚き

フジモリ産業株式会社 事業推進部 情報システム課 課長 渡辺正浩氏の画像

NUROアクセス プレミアム導入により、タブレットを通じたネットワークの速度は、実測で500から600Mbps以上にもなった。「開通してスピードテストをしました。その時にみんな驚きました。特に容量の大きいデータをダウンロードする時に、スパーンみたいな感じでダウンロードすることができたのです。。Androidタブレット端末のセットアップを自社で行ったが、8~10台くらい同時にセットアップしても回線速度はまったく落ちず、ストレスなく作業を進められた。」と、渡辺氏は言う。

タブレットを導入した効果は、単に社内ネットワークの増強だけではなかった。それによって、業務の効率化、ペーパーレス化が推進されたのだ。「当社の場合、営業社員は製品カタログが必須なのです。製品の立体図や図面などの画像データが大量に組み込まれたカタログをタブレットの中に格納して、それをいつでも参照できるようになりました。会議の時に、関連資料がここにあるからとファイルサーバーにアクセスして検索するなど、ペーパーレス化につながる等の効果も出てきました。明らかに営業社員を中心に、働き方、仕事に対する機動力が上がりました。なにしろ、タブレットは場所を必要とするPCと違って、鞄の中から取り出して、すぐに作業にかかることができますからね」と、渡辺氏は導入後の業務改善の効果を力説される。それも全ては、NUROアクセス プレミアムを導入していたことが大きかったと述懐している。

他拠点でもNUROアクセスをもっと活用していきたい

導入実績がまだ多くないNUROアクセスを採用することに不安はなかったのだろうか。この問いに対して渡辺氏は、「親会社のソニーネットワークコミュニケーションズは長年、ISPとして数多くの実績を積んできた企業であり、その子会社ということでまったく心配していなかった」と答える。

今後の展開について渡辺氏は、「NUROアクセスのパフォーマンスとコストにはとても満足している。だからもっとNUROアクセスを活用していきたい。そのためには回線だけではなく、スマートフォンと連携させるなどといったソリューションとして提案してもらえると嬉しいですね」と話す。また、サービスエリアの拡大の要望も口にする。「当社のデータセンターでもNUROアクセスが使えたら、基幹ネットワークを刷新することができるので期待している」と渡辺氏は言う。

Androidタブレット端末の導入で、営業担当者などの業務の効率化を実現したフジモリ産業。それを実現させたサービスとして、NUROアクセスは高く評価されている。

この導入事例に関連するサービス

このサービスに関連する導入事例