「シングルサインオン」でセキュアかつスムーズにクラウドサービスを利用

case20_main.jpg

株式会社マーキュリー様

不動産業界向けの会員制ポータルサイトや不動産マーケティングシステムなど、不動産データベースを中心としたソリューションサービスを提供するマーキュリー。「G Suite」や「Office 365」といったクラウドサービス、勤怠管理や契約管理といった社内Webアプリケーションを活用している。だが、利用するクラウドサービスやアプリケーションが増えるにつれ、社員がパスワードを忘れ業務効率が落ちてしまっていた。そこで「NUROクラウド OneLogin」を導入。シングルサインオン機能などにより、セキュアかつスムーズにクラウドサービスやアプリケーションを利用できるようになった。

業種 情報通信業 従業員数 70名
課題テーマ
  • セキュリティ | 
  • 業務効率向上 | 
ご契約サービス
  • NUROアクセス Fライン | 
  • NUROアクセス スタンダード | 
  • NUROクラウド OneLogin | 
  • NUROセキュリティ マネージドL3VPN | 
  • NUROセキュリティ ワイヤレスLAN typeA | 

課題

  • クラウドサービスや社内Webアプリケーションを利用する際、セキュリティ向上のために定期的にパスワードを変えていたが、社員のパスワード忘れによる問合せが多く、情報システム部の業務負荷が多くなっていた。
  • 社外からクラウドサービス、Webアプリケーションへアクセスする際には、業務端末からのみアクセスできるようにしていたが、その運用が形骸化しており、セキュリティに不安を抱えていた。

サービス導入による効果

  • 「NUROクラウド OneLogin」のシングルサインオン機能により、社員が覚えるパスワードが1つになったことで、パスワード忘れによる問合せが大幅に減少。情報システム部の業務負荷が軽減された。
  • 社外ネットワークから「NUROクラウド OneLogin」へのログイン時に、多要素認証を実施することで業務端末以外からのアクセスを制御でき、クラウドサービスのセキュリティが強固になった。

利用するサービスやアプリケーションが増えて「パスワード忘れ」が頻発

不動産業界向けの会員制ポータルサイト「Realnet(リアルネット)」や、新築時・中古流通時の価格情報や、マンション住民の声・レイティングを知ることができる情報サイト「Mansion Value(マンションバリュー)」、不動産マーケティングシステム「Summary Net(サマリネット)」など、不動産データベースを中心としたソリューションを提供するマーキュリー。不動産業界において、なくてはならない企業の1つになっている。

同社では現在、Google社の「G Suite」とMicrosoft社の「Office 365」に加え、勤怠管理や契約管理といったクラウドサービスと社内Webアプリケーションを活用している。

社員がこれらのクラウドサービスやアプリケーションを利用する際、パスワードの入力が必要だが、活用するクラウドサービスやアプリケーションの数が増えるにつれ、パスワードを忘れてしまう人が増えてきた。

またセキュリティを高めるため、それぞれのクラウドサービスやアプリケーションのパスワードを定期的に変える運用を行っており、それによってパスワードを忘れる社員の数はますます増えていった。

問題はそれだけではない。

クラウドサービス、アプリケーションに社外からアクセスする場合、業務端末からのみアクセスできるよう、業務端末を社外に持ち出すたびに情報システム部に申請して認証情報を受ける必要があった。

「ユーザー社員にとっては手間と時間が、情報システム部にとっては業務負荷が掛かっていました」。コーポレート本部 情報システム部 部長の利根川 純一氏はこう話す。

そこで利根川氏は、1回の認証手続きで複数のクラウドサービスやWebアプリケーションなどにアクセスできる「シングルサインオン(SSO)」ソリューションに注目した。

SSOを採用すれば、クラウドサービスやアプリケーションごとに異なるIDとパスワードを、1つのIDとパスワードに統合ができ、ユーザー社員のID管理の手間は減り、情報システム部門の負担も軽くなるからだ。

株式会社マーキュリー コーポレート本部 情報システム部 部長 利根川純一氏の写真

 

4,500以上のサービスに対応する「NUROクラウド OneLogin」

そうした中、利根川氏に回線サービスを契約しているソネットビジネスアソシエイツの営業担当から新サービスの案内があり、「NUROクラウド OneLogin」を知った。

「NUROクラウド OneLogin」は、4,500以上のクラウドサービス、Webアプリケーションに対応したクラウド型ID管理・SSOサービス。複数のクラウドサービスの導入により煩雑になったIDとパスワード、アカウントのアクセス管理の一元管理を可能にし、多要素認証やアクセスコントロールによるセキュリティの向上を実現できるサービスだ。

「『NUROクラウド OneLogin』であれば、今、課題としてあるものが全てクリアになると思いました。また『NUROクラウド OneLogin』は多岐にわたって、さまざまなクラウドサービスに対応しているところに安心感があります」と利根川氏は話す。

「G Suite」の販売リセラーが提供するオプションサービスにはSSOサービスもあったが、連携できるクラウドサービスが「G Suite」に限られており、「Office 365」と社内Webアプリケーションへの活用ができなかったという。
しかし「NUROクラウド OneLogin」は、「G Suite」や「Office 365」を含む4,500以上のクラウドサービスに対応し、さらに独自開発したWebアプリケーションにも対応が可能なため、マーキュリーが利用しているクラウドサービスとWebアプリケーションでSSOを利用できるようになった。

株式会社マーキュリーのOneLogin使用例

また「NUROクラウド OneLogin」へのログイン時に、スマートフォンを利用した「ワンタイムパスワード(OTP)機能」と、「ブラウザ証明書認証システム(PKI)機能」を組み合わせて利用することで、業務端末のブラウザからのみOneLoginへアクセスさせるなど、アクセス制御が可能となった。
それにより、業務端末を社外に持ち出す際に行っていた情報システム部への認証申請フローが必要なくなったと言う。

「ユーザー社員にとっては利便性が向上し、情報システム部にとっては業務負荷が軽減しました」と利根川氏は笑みを見せる。

Active Directoryを活かしてアカウント管理が行えることも長所の1つ

「『NUROクラウド OneLogin』導入前は、早朝や夜間の業務端末の社外持ち出し申請にも対応しなければならず、気が休まらないときもありました。しかし、現在ではそういった心配もなく、しかもセキュアにクラウドサービスとWebアプリケーションを社外で利用してもらえるようになりました。数値では表せませんが、大きな導入効果があったと感じています」(利根川氏)

また利根川氏は「使いやすい管理画面を備えていることや、すでに利用していたActive Directoryを活かしてアカウント管理が行えることも『NUROクラウド OneLogin』の長所です」とも話す。

「NUROクラウド OneLogin」はActive Directoryとアカウント情報の自動連携ができるため、Active Directoryでアカウントの追加・削除を実施するだけで、「NUROクラウド OneLogin」のアカウント追加・削除も同時に行うことが可能である。アカウント追加のたびに、アカウント設定作業を行う必要がなくなるため、管理工数の削減と従業員が退職した際の情報漏えいのリスクを解決することができる。

株式会社マーキュリー コーポレート本部 情報システム部 部長 利根川純一氏の写真

 

マーキュリーでは現在、アルバイトスタッフを含むほぼ全ての従業員が「NUROクラウド OneLogin」を利用している。

「パスワードがわからない、といった声があがってくることがなくなりました。導入効果はすごく高いと思っています」(利根川氏)

すでに不動産業界で確固たる地位を得ているマーキュリー。クラウドサービスの活用が増えていく中で、利便性を損なわずにセキュリティを強化するソリューションとして「NUROクラウド OneLogin」は同社にとって欠かせないものとなっている。

お客様プロフィール

株式会社マーキュリー

本社所在地 東京都新宿区西新宿
設立 1991年5月
資本金 4,540万円
従業員数 70名(アルバイトスタッフ含む)
事業内容 不動産ソリューション事業
URL http://mcury.jp/

 

各種サービスのご質問やお見積りはこちら

各種サービスについてご質問やお見積りを受け付けております。お気軽にご連絡ください。

NURO Bizインフォメーションデスク:0120-963-350 9:30~18:00(土日祝、年末年始を除く)

ご質問・お見積りフォーム